卒業-GRADUATION-

卒業-GRADUATION- の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

緑の木々のすき間から春の陽射しこぼれて
少し眩しい並木道手を翳して歩いた

あの人と私は帰る時はいつでも
遠廻りしながらポプラを数えた

4月になるとここへ来て
卒業写真めくるのよ
あれほど誰かを愛せやしないと

誕生日にサンテクジュペリふいに贈ってくれた
一行おきに好きだよと青いペンで書いてた

あの頃の二人は話さえ出来ずに
そばにいるだけでも何かを感じた

4月になるとここへ来て
卒業写真めくるのよ
あれほど誰かを愛せやしないと

4月が過ぎて都会へと
旅立っていくあの人の素敵な生き方
うなづいた私

Powered by

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする