明けない空

明けない空 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

あおざめてく 雲間にそっと
消えゆく 光 みてた
生ぬるい 風の中 淡く
透きとおった月がゆれてた

遠い目で かたむいた
あたまを 合わせて
微かに 響く ため息と
その背中 いとしくて

この体の冷たい痛みに
とまどって2人は
自分よりも 傷つけるまでは
わからなかった
残酷な愛 かかえて
朝をまってた

真白な闇は いつまでも
2人を 包んでいた
景色だけ あまりに きれいで
この腕も 重く 感じた

本当は 眠りたい
全てを 忘れて
同じにおいに たったひとつ
その場所を 求めてた

どんなものも 迎える終わりに
とまどって 2人は
ここにいても 何もないことを
知っていながら
遠い目のまま それでも
朝をまってた

ため息と その背中 いとしくて…

この体の冷たい痛みに
とまどって2人は
自分よりも 傷つけるまでは
わからなかった
残酷な愛 かかえて
朝をまってた

指と指を からめて
肌と肌で 伝えましょう
ぬれた まつ毛 キスして
いつも 君を 許しましょう

Powered by

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする