耳鳴りの夏

価格(税込)¥261

耳鳴りの夏 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

あれは高1の時さ 忘れもしない
初来日のあのバンドのコンサート
前の夜から眠れず 授業をサボり
横須賀線に乗って駆けつけたんだ

あんな積み上げたマーシャルの壁 鳥肌さ
声もかれて Tシャツなんて絞れるほど
止まらない耳鳴りの夏

時は流れに流れて20数年
またやってきた あのバンドのコンサート
前の夜から眠れず 会議をぬけて
地下鉄を乗り継ぎ駆けつけたんだ

みんな年をとり 体格さえも変わってる
けれどそれは客席だって同じ事さ
終わらない耳鳴りの夏

あれは そう テニス部の子に片想いした
夏休みの前のまぶしいコンサート
きっと実家にまだある 古いチケット
ミュージックライフに はさんでたんだ

あんなでっかい音 でっかいステージ 鳥肌さ
声もかれて Yシャツなんて絞れるほど
止まらないあのメロディー
終わらないあのビートは
永遠の耳鳴りの夏

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:22
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする