硝子の小瓶

価格(税込)¥262

硝子の小瓶 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

孤独を感じたときは
言葉が増えていく
硝子の部屋の片隅
息が出来ないほど

動きを止めた時計は
針を重ねたまま
今日も私とあなたを
静かに見つめてる

窓の外 音も無く色を変え
冬の鳥 遠くへと旅をする

自分しか愛せないあなたに
この世界で愛されたかった
嘘でもいい 抱きしめてて
真実はいらない

もう何も聴こえないの
自分の声さえも
心の鏡、囚われ
あなただけを映す

真っ白な吐息だけ零れてく
切なさは 降り続く雪のよう…

鼓動だけが教えてくれるの
今 私がここにいることを
嘘はやがて薄れていき
真実が生まれる

動きを止めた時計は
針を重ねたまま
今日も私とあなたを
静かに見つめる

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:51
高音質
¥262

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする