夏の終わり

価格(税込)¥261

夏の終わり の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

波に揺れ 光ってる
夕日から 目をそらし
潮風を 受けながら
ただ一人 時を過ごす

ぬくもりを 少し残した
砂の上 裸足になって
肩を寄せ 歩いてた
あの頃を 思い出す

もう一度 この腕に
君を抱きしめたくて
あの夏の想い出が
この胸に込み上げる

海の淵 鮮やかに
街の灯が 続いてる
夕闇に ただ一人
窓を開け 煙をはく

寂しさを ごまかすように
海沿いを走り抜ける
肌寒い夜の風が
夏の終わりを告げる

もう二度と 君の事
考えないと決めたのに
あの夏の想い出を
忘れる事が出来ない

寂しさを ごまかすように
どこまでも走り抜ける
肌寒い夜の風が
夏の終わりを告げる

もう一度 この腕に
君を抱きしめたくて
あの夏の想い出が
この胸を締めつける

もう二度と 君の事
考えないと決めたのに
あの夏の想い出を
忘れる事が出来ない

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:44
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする