騎士乙女

価格(税込)¥262

騎士乙女 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

枕の下 隠すは剣
古より私を護る
胸の痛みを塞ぐのは
その青き輝きのみ

戦うことを忘れ去って
白い絹に包まれたなら
今あなたが見えるのだろう
その手が持つ夢の姿も

でも何故
耳に響く咆哮

眠れぬ夜に眼は煌めく
被さった闇の隙間から
見上げなくとも心には
果てしない宇宙がある

生きることさえ忘れ去って
ひとりまたひとり後退る
微笑は寂しく優しく
まるで私哀れむように

ここには
永久に続く渇き

盾を持たぬこの身体が
浴びるは誰が血か己が血か
夕炎の朱も弾く肌に
恐れの色は宿らぬ

枕の下 隠すは剣
古より私を護る
胸の痛みを塞ぐのは
その青き輝きのみ

眠れぬ夜に眼は煌めく
被さった胸の隙間から
見上げなくとも心には
果てしない宇宙がある

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:21
高音質
¥262

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする