NHK『みんなのうた』より

夢待列車

価格(税込)¥257

夢待列車 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

いつかサヨナラする時が 来るとわかっていても
出会い 笑い 信じることを 僕らは止められない

ひとつ夜を越えるごとに ひとつ涙の意味を知って

夢待ち駅へ 夢叶う場所へ 向かう列車にゆられながら
こころに花を くちびるに歌を 微笑みを絶やさずに

たしかなものなんてなにも ないとわかっていても
祈り 願い 道行くことを 僕らは止められない

笑い合ってぶつかり合って 過ぎて来た季節は
きっと二度と巡り会えない たいせつな宝物

これからどんな明日を描き どんな景色が待ってるのだろう

夢待ち駅へ 夢叶う場所へ 向かう列車にゆられながら
荒れ野に花を かなしみに歌を 見つけながら灯しながら

いつか今日をふりかえって わかちあえますように
出会い 笑い 信じた日々を 胸に刻んでいよう
今 歩き出す 僕らの前に 時の花びらが降る

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
NHK『みんなのうた』より
04:44
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする