優しい雨

価格(税込)¥261

優しい雨 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

天気予報は正しかった垂れ込める雲を見上げた午後
「荷物になるから傘は嫌い」 あなたの言葉が不意に浮かぶ

空から降りてきた一粒が
私の頬にそっとたどり着いた
人々はそれぞれとりどりの
花を咲かせ歩き出す

私は何も持たずに立ちつくしている
暖かな雨に 打たれながら
嘘も涙も罪も 洗い流して
あなたに会いに行けたら

蕾は咲くことを諦めて うつりゆく景色を眺めてた
限りある時間とは知っても どこにも行けないと震えてた

止むことを忘れた一粒は
アスファルトを黒く染めたあと
足早に過ぎ去る人々の影に
悲しみを落とした

私は愛も知らず 待ち続けている
暖かな雨に 願いながら
過去も迷いも捨てて あなたのためにもっと
生きていけたのなら

限りない地平線の向こう 繋がってる空の下で
あなたの腕に抱かれるように この心優しくて

私は何も持たずに立ちつくしている
暖かな雨に 打たれながら
嘘も涙も罪も 洗い流して
あなたに会いに行けたなら

私は愛も知らず 待ち続けている
暖かな雨に 願いながら
過去も迷いも捨てて あなたのためにもっと
生きていけたのなら

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:35
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする