オモチャ箱

価格(税込)¥258

オモチャ箱 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

雲のない空が ただただ嬉しいだけよ
落ちてく夕日 なんだか悲しいだけよ

嘘で腫らす頬が 紅く染まる前にさぁ

口笛がうまく鳴らなくなって
泣いたあとに含む甘いアメ
いつか溶けて失くなることなんて
今は恐がる必要はない

何でもないような坂道息が切れる
何でもないようなふりして軽くかわす

未だ走る君を 誰が笑えようか ねぇ

強すぎる光は目を刺して
今日もひとりクラクラします
伸びる影はいつも君を追うよ
ソレはそこに生きる証です

戸惑い疑う君に あたしが今告げよう
きっとこの世は多分 そんなに悪くないんじゃない

調子狂った小さなピアノ
解けない出来ないカラフルな謎
積んでは崩れ歪な積木
塗りつぶした青くない空も
一つずつ遊んでは飽いたら
ここに全部放り込んでいこう
そしてこの箱が満たされたら
リボンをつけ抱えていこう

口笛がうまく鳴らなくなって
泣いたあとに含む甘いアメ
いつか溶けて失くなることなんて
今は恐がる必要はない

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:12
高音質
¥258

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする