さすらいの迷える仔猫

価格(税込)¥261

さすらいの迷える仔猫 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

ベランダからとびだした
青い瞳のネコ 目で追いかけて
ゆっくり進む 時計の針に
身を任せている

眩しいくらいの日差しも
木陰に隠れて もう一眠り
毛なみを優しく
そっと撫でるみたいに
緩やかな 風が吹く

寝転んで 目をつむって
どんな夢をみている?
気ままな 昼下がりは
そんなふうに過ぎてゆく

お湯の沸いた音がして
目覚ましがわりのカフェオレ一口
ぐるぐる渦巻く ミルクみたいな
雲眺めてる

まどろんでゆく 夢の景色は虹の色

果てしなく 続いてく
空をドライブして
どこまでも どこまでも
キミの夢の中まで

迎えに ゆけるよ
虹色の車で
だからきっと 待っていて

さすらいの迷える仔猫

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:27
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする