もうひとつの土曜日

価格(税込)¥261

もうひとつの土曜日 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

昨夜眠れずに泣いていたんだろう
彼からの電話待ち続けて
テーブルの向こうで君は笑うけど
瞳ふちどる悲しみの影

息がつまる程 人波に押されて
夕暮れ 電車でアパートへ帰る
ただ週末の僅かな彼との時を
つなぎ合わせて君は生きてる

もう彼のことは忘れてしまえよ
まだ君は若く その頬の涙
乾かせる誰かがこの町のどこかで
君のことを待ち続けてる

振り向いて
探して

君を想う時 喜びと悲しみ
ふたつの想いに揺れ動いている
君を裁こうとする その心が
時におれを傷つけてしまう

今夜町を出よう 友達に借りた
オンボロ車で海まで走ろう
この週末の夜は おれにくれないか
たとえ 最初で最後の夜でも

真直ぐに
見つめて

子供の頃 君が夢見ていたもの
叶えることなど出来ないかもしれない
ただ いつも傍にいて手をかしてあげよう
受け取って欲しい この指輪を
受け取って欲しい この心を

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:11
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする