11月の記憶〜RAINING BLUES〜

価格(税込)¥261

11月の記憶〜RAINING BLUES〜 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

出て行った足音が
濡れていた
何時までも
ドアを見つめ
動けず
捨て台詞の針が跳ぶ
幾度も繰り返すだけ

残された
赤い傘の記憶も
緩やかに煙る
街の白さも
塗り潰せるわけもなく
此処で
拡がるだけで

Raining Blues
たそがれには
土砂降りの笑顔を
抱き締めていた

Raining Blues
幻にBurst

あの時も
雨に窓が咽んだ
今も きっと
ガラスの向こうで
瞳は
飛び散る水の中にさえ
面影を捜すのか

Raining Blues
たそがれにも
曇りひとつもない
胸をかかえ

Raining Blues
憧憬はPast
想い描いている
遠い日の二人

気付くのが遅過ぎた
もう二度と逢えない No

Raining Blues
幻にBurst
外は冬の匂いに
染まり始めた

Raining Blues
幻にBurst

Raining Blues
憧憬はPast
ひとりよがりのまま
踏みにじって

Raining Blues
憧憬はPast

Raining Blues

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
06:18
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする