夜の果て

価格(税込)¥261

夜の果て の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

どうして悲しくないと言い切れるんだよ
隠してる
野暮な孤独吐き出しても涙が出ないから

明日もしこの世界が音もなく消えてしまって
それでもまだ君は そうやって突っ立つだけ

そんなんじゃどうにもならなそうだよ
闇夜に色彩をつけたらいい
太陽は時の彼方に沈んでくだけ
無礼

大した理由などなしに生きてるんだろう
どうりで 綺麗な夜空二人占めしても
顔色一つ変えないんだ

ただの星 ただの街角に
いつかの君はもういない

そうやって何にも見ようとしないなら
その手で消してしまえばいい
今夜は夜空の星に君が重なって見える

咲いて 枯れる 全てが合図
風 舞い上がって 惑わせる風景

なんだって悲しんでしまって喜んでしまうほど
怖くなったんだ
無情な夜空の星に吸い込まれて揺れてる

こんな暗い闇の向こうで招く光は
誰が握っている?
いつか迎えに来てよ 夜の果てへ
僕のもとへ

僕のもとへ

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:50
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする