ぼくというきみへ

価格(税込)¥261

ぼくというきみへ の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

ちっぽけなきみ ふるえながら
いつも泣いてた
"こんなぼくなんて"
いつも思っていた

ああ 愛したせかいを
だれかに傷つけられて
こころ閉ざした

"ぼくが夢みる
せかいをだれも
わかってくれない もどかしい
どうすればいい?
だったらぼくが
大好きなせかいを
嫌いになってしまえば..."
いいきかせてた ずっと

でも心はずっと素直に
生きていたくて
"ほんとはもっと
好きでいたいんだ"

ああ かくしてたきもちが
あふれる おさえきれずに
きみのなかから

もう一度つよく
だきしめたせかいは
あたたかくて やさしい
あの日のまま
見えない腕が きみを包んで
おかえりって わらった
なぐさめるように そっと

そんなきみのなかから
あふれだした ひかりは
幸福論を さけびだすよ

あの日のきみが いてくれたから
ぼくはこうして 笑ってる
アイを歌って
だからね きみにありがとうって
とどけたいよ とどいて

きみというぼくへ
ぼくというきみへ どうか

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:24
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする