もしも、手を繋いでいたら

価格(税込)¥258

もしも、手を繋いでいたら の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

初めて手を繋いだのに
なぜか懐かしい感触がした
馴染んだブランケットのように
普通に安心したんだ

ぬくもりとか柔らかさとか
どうしてこんなにわかるのだろう?
大好きだよと言えない代わりに
ぎゅっと握った

この道
僕たちはいつも
少し離れて
帰ったあの日
2つの
影法師だけが
寄り添いながら歩いた
遠い学生時代

こんな風に繋いだ手と手を
子どものようにぶらぶらさせて
ふざけていたら恥ずかしくなって
何だか笑えて来たんだ

通り過ぎる風の向こうに
花の香りを覚えてる
もう戻れない青春時代に
きゅんとして来た

近道
ここじゃない道が
一本手前に
本当はあった
そっちを行ってしまったら
君は曲がってしまうから
恋もただ遠回り

過ぎ去った時間(とき)は
巻き戻せない
もしもあの時 どうだったとしても
そう 今の方が
僕たちは素直になれる

この道
僕たちはいつも
少し離れて
帰ったあの日
2つの
影法師だけが
寄り添いながら歩いた
遠い学生時代

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:32
高音質
¥258

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする