12月の風

価格(税込)¥261

12月の風 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

いつも通りのキミの声が 何故か今日は寂しくて
振り返るその顔は 春の桜のように泣いてた

人込みをかき分けて キミの姿追いかけて
震える肩を抱きしめた 凍える指を温めた

絡まる言葉を飲み干して キミのために今笑う

12月の風は冷たくて 誰かに寄り添いたくなる
それがキミであることが 僕にとってはいいんだ

いつも通り朝起きて 駅まで一人歩いてる
揺れる電車押されながら 誰かの話に耳をすまして

もどかしい気持ちが入り込んで キミの前で笑えない

12月の雪が降り注ぎ 心の芯を冷やして
滑る足の事も気にせずに 僕はまたキミを探す

絡まる言葉を飲み込んで キミのために今笑う

12月の風は冷たくて 誰かに寄り添いたくなる
それがキミであることが 僕にとってはいいんだ

12月の雪が降り注ぎ 心の芯を冷やして
滑る足の事も気にせずに 僕はまたキミを探す

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
06:51
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする