青空カフェ

価格(税込)¥257

青空カフェ の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

揺れる木漏れ日
夏の石段
二段跳びして
走って登った

髪も濡れてる
プールの帰りに
待ち合わせした
小さな神社

クラスメイトには秘密にして
わざと遠い回り道が
私たちの恋の予感

青空カフェでもっと話そう
缶コーヒーを そう飲みながら
緑の風に吹かれていよう
蝉の声さえ忘れるくらい
心を許した
時間の魔法

沈む夕陽に
山は濃くなり
別の世界に
2人はいるのね

楽しかったと
見つめた瞬間
鳥が一斉に
今 飛び立った

友達でいれば学校でも
意識せずに会えるけれど
これから先 どうすればいい?

青空カフェでキスはできない
誰かにきっと見られているよ
そんな妄想 浮かべただけで
恥ずかしくなって視線逸らした
ロマンスお預け
魔法が解けた

星空カフェでもっと話そう
思ったよりも明るいんだね
月の光に照らされながら
もう少しだけ帰りたくない

青空カフェでもっと話そう
缶コーヒーを そう飲みながら
緑の風に吹かれていよう
蝉の声さえ忘れるくらい
心を許した
時間の魔法

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:11
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする