三日月物語

価格(税込)¥263

三日月物語 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

男と女のちぎりは
三日夜通いが定めやら
白い朝露消えたって
愛はどこまでどこまで消えない
あー恋の名残りに舞い散る桜
風にはらはら風にはらはら
夜空にふりしきる

こころの刹那さこらえて
誰を呼ぶのか春告鳥(うぐいす)よ
癒(き)えず忘れず捨てられず
夜ごと縛って縛って乱れる
あー満ちた月ならいつかは欠ける
銀の雫で銀の雫で
夜空を染めながら

あー炎えてメラメラ躰に絡む
蜘蛛の生糸(シルク)が蜘蛛の生糸が
夜空にふりしきる

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:45
高音質
¥263

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする