まもなく2番線に・・・

価格(税込)¥261

まもなく2番線に・・・ の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

ホームに一人煙草をくわえ
家路へ向かう電車を待つ時
アイビー姿の学生達見れば
貴女と通ったキャンパス想い出す

仕事に追われる今の僕に
あどけない笑窪の貴女が恋しい
初めて手にしたショートホープ
涙でむせてた貴女に逢いたい

滑り込む電車が思い出かき消す
都会の日暮れ一人が寒い

レノンに憧れ丸いメガネで
成り切ったつもりで生きてたくせに
あの頃すべてに自信や余裕がなく
貴女との未来を振り切ってしまったよ

試験休みにバイトをして
初めて二人で旅行したとき
ハネムーンみたいねと無邪気にはしゃいでた
眩しい笑顔の貴女に逢いたい

滑り込む電車が思い出かき消す
都会の日暮れ一人が寒い

目黒通りのいつもの交差点
見送る背中にサヨナラと呟いた
まるで映画のワンシーンのように
振り向いた貴女の瞳が濡れてた

滑り込む電車が思い出かき消す
都会の日暮れ一人が寒い

滑り込む電車が思い出かき消す
都会の日暮れ一人が寒い

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:58
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする