mizu-umi〜みずのこたえ〜

価格(税込)¥257

mizu-umi〜みずのこたえ〜 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

夢が終わってしまう
波紋を壊す
離れてく対岸に
意識だけ置き去り

少しずつ失った
あのころの自分らしさ
押さえ続けたまま・・・

秋をまたいで
中途半端な冬迎えて

水に映す本音は
簡単にはかき消せない

あの曲を聞くたび
思い出すのは
柔らかなくちびると 冷えきった指先

記憶の中の2人
少しずつ溶け出してく
夜の雲の中に

冬を迎えて
通り過ぎてきた毎日を
そっと引き出せるように
また あの場所へ旅に出よう

水面揺らいだ
本当の自分を見つけた

思い移す明日は
明かり射す 湖のように・・・

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:38
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする