ウェザーリポート

価格(税込)¥257

ウェザーリポート の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

雨上がり差したまんま 傘がひとつ
決まり通り色を踏んで 濡らした紐靴

マンホールはセーフね 帰り道で
いつも通り傘の中 笑顔がふたつ

何も言えないのは 何も言わないから
あんな事があったのに 笑うから

あなたの その呼吸が あなたの心はどうであれ
確かに続く今日を 悲しい程 愛しく思う

いつもより沈黙が 耳元で騒ぐ
次に出る言葉で 賭けをしている様な

夕焼けに差したまんま 傘がひとつ
見慣れた横顔 初めて見た様な

傷付いたその時を 近くで見ていた
この目の前でだって 笑おうとするから

あなたの その笑顔が 誰かの心を許すなら
せめて傘の内側は あなたを許して どうか見せて欲しい

触れないのが思いやり そういう場合もあるけど
我ながら卑怯な言い訳 痛みを知るのがただ怖いだけ

最終下校時刻の チャイムが遠く
車屋の前の交差点で また明日 じゃあね

国道の川を渡って やっぱり振り向いたら
マンホールの上に立って 傘がくるくる

あなたの あの笑顔が あなたの心を隠していた
あの傘の向こう側は きっとそうだ 信号は赤

あなたの その呼吸が あなたを何度責めたでしょう
それでも続く今日を 笑う前に 抱きしめて欲しい

抱きしめに行こう

車屋の前の交差点で ショーウィンドウに映る
相合傘ひとりぼっち それを抱きしめた

自分で抱きしめた

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:03
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする