1989(A Ballade of Bobby & Olivia)

価格(税込)¥257

1989(A Ballade of Bobby & Olivia) の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

涙ってどのくらいでるものかとためしてた12月
絵にならない路地で長い長いさよならした
That was 1985

うわさってどうやってここまでとどくんだろうと考えた
君があの街で誰かと暮らしてるときいた
That was 1988

久しぶりだね
こうして君と話せるなんて思ってなかった
でも会わないよ
思い出はあのままのほうがいい

仕事はたのしいよ 今は部屋もひろいし 景色もある
でもいつも何か ものたりなくてさがしてる
ぼくらしいだろう

調子者のボビーとやせっぽちのオリビアの出会いは
小さなカントリーウェスタンバー

まんまるの大きな瞳に たちまちひと目ぼれした
でもオリビアはまるで知らんぷり
バラの花も映画のさそいもことわった
それでもギターをかきならし「好きだよ」と歌いつづけた
そんな日が半年もつづくと
「もうあきらめろ」とまわりは言う
かまわずクリスマスに何をあげようか そればかり考えてた
ある日めずらしく雪がつもり
さむさにふるえて ふと思いついた
ころげながら電器屋さんに走り ガスストーヴをプレゼント
その単純さにあきれたのか
本当はいつのまにか好きになってたのか
オリビアがボビーにキスをした
やっと二人は結ばれた
La la la Wow wow wow
毎日 毎日 夢を語り合って愛し合った
ボビーの夢は映画のスター
オリビアはいつも笑顔で見守った
まじめにやればいいことあるもんさ
主役のはなしがまいこんだ
Yeah! Yeah! Yeah! Wow wow wow

毎日 毎日 夢中でがんばったよ キスするのも忘れるほど
夢はだんだん近づいて
いつのまにかオリビアはおいてきぼり
小さなしあわせはバランスくずし
そして二人はさよなら

よくある話と人は笑い流しても
二人には二度とはできない忘れられない恋だね
It ends in 1985

だけど今愛してる人を ちゃんとつかまえてなくちゃ
今日がぼくの誕生日でも電話してきちゃだめさ

最近はぼくもずっと好きなひとがいる いいこだよ
いつも本気だよ でもふりむいてくれなくて
ぼくらしいだろう
It is 1989

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
08:26
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする