秋桜(コスモス)

価格(税込)¥261

秋桜(コスモス) の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

君と僕が出逢ってから一年が過ぎてゆくよ
秋のひだまりが眠り誘うころに
君は

腕の中で眠る天使 幸せがあふれる午後
ふと目をやれば笑うように秋桜が
咲いてる

もしもこの恋が散っても涙を種にまた育てたい
倒れてもまた起きあがる薄紅色の恋花を咲かせよう

君が笑うそれだけでこの胸が癒されてく
きっと世界中の色さえ変えてしまう
宝物

もしもその笑顔が散ったら僕のすべては枯れてしまうだろう
守りたい雨や風から薄紅色の秋桜が笑ってる

あぁ「君が好き」そんな言葉では
足りやしない

あぁ上手く言えないこの想いが
愛なの?

もしもこの恋が散っても涙を種にまた育てたい
倒れてもまた起きあがる薄紅色の恋花を咲かせよう

もしもその笑顔が散ったら僕のすべては枯れてしまうだろう
守りたい雨や風から薄紅色の秋桜が笑ってる

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:48
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする