すべて、愛だった-La vie d'une petite fille-

価格(税込)¥257

すべて、愛だった-La vie d'une petite fille- の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

愛されて愛されて 愛知り染める頃
刻だけが知っていた しなやかな離別(わかれ)を

友達より近づいて 唇にそっと触れてみたい
隠せぬ想い見破られてる
恋なんて言葉すら しばらくは知らずにいたね
ただひたすらにただ 大事に想っていたんだ

マッチを灯せば夢が溢れていた

…憶えてるよ

今日笑顔になれなくてもね
明日笑顔からはぐれてもね
素敵な眼差し ずっとずっと忘れないで
人は幸せを願うたびに一人きりではなれないと知る
永遠ではない命 命輝かせて

あなたのすべてが愛だった

動き出す動き出す汽車の窓にもたれ
駆け抜けた歳月を思い浮かべていた

いつだって迷ってた かけがえない想い出もあったし
あなたといると不思議と素直になれた
少しずつ少しずつこんな日が来る事分ってた
出逢いもあれば別れもあるね

またね もう一つの夢叶えるその日まで

そして さあ

今日旅立つあなたのために 洗いざらしの靴を贈るよ
切ない時にも一歩一歩歩き出して
人は幸せを願うたびに一人きりではなれないと知る
疲れる事ない命 命輝かせて
今日笑顔になれなくてもね
明日笑顔からはぐれてもね
素敵な眼差し ずっとずっと忘れないでいて
永遠ではない命 命輝かせて

あなたのすべてが愛だった

愛されて愛されて 愛知り染める頃
刻だけが知っていた しなやかな離別(わかれ)を

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:07
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする