愛にまみれて

価格(税込)¥257

愛にまみれて の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

夕暮れのベンチ、座っている子供達
しばらくすると迎えがきて帰っていった
風はいつでも僕にだけ冷たいな
寂しくなるな、はやく帰ろう、家に帰ろう

ポケットの中、ぬくもりも何もないや
商店街を急ぎ足で抜けてゆく

茜色、君の色、僕の孤独を染める
いつでも、いつまでも

失くしてきたもの取り戻すような日々の中
恐れているのはまた一人になること
苦しみばかりでつい下を見てしまうけれど
笑えているのは君のおかげなんだよ

夕暮れのベンチ、煙草に火をつける
煙を吐くと魂も抜けそうで
慌てて揉み消し、立ち上がったら
行き交う人が冷めた目で僕を見た

居場所があるならそれを大切にしたいよな
誰でも平等にあるものじゃないから
見つかることなんてないとずっと思ってたけど
そんなことなかった、愛にまみれている

茜色、君の色、僕の孤独を染める
いつでも、いつまでもそばで笑っていてよ

街の声が眠り、ネオンが目を覚ます
時の流れには逆らえないものだ

時間よ止まれと寄り添いながら願うけれど
時計の電池を抜いても夕日は沈む
永遠なんてものはなくたっていいんだと思う
僕はいま君の愛にまみれているから

夕暮れのベンチ、迎えがきた

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:59
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする