脱獄の季節

価格(税込)¥257

脱獄の季節 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

朱い夕日睨む
瞳の奥 燃えている焦燥もこんな色
偉そうな御託は要らぬ
振りかざす正義をよく見て
錆びてるわ

屋上の柵 まるで鉄格子
うなだれて金網にもたれて
ここから飛び降りる勇気もない
ユメは儚くゴミ箱行き

どうして?あたしは無敵
邪魔しないで 先生
退いて 予言者のつもり?
不可能と決めつけて
Oh 未来を
Oh 奪っていく
Oh あなたは
Oh 愚かもの

世界地図のような雲が流れていく
不自由なあたしの上
この世は広く美しい
しばし白昼夢に思い馳せるけれど

気付けば繋がれてたこの鎖
煩わしくてたまらないのに
守られないと不安にもなるの
生温いこの腕の中で

どうせ あたしは非力
知っているわ 先生
こうして 待っているの
脱獄の季節を
Oh なんだか
Oh 情けない
Oh 一人じゃ
Oh 生きられない

どうして?あたしは無敵
邪魔しないで 先生
退いて 予言者のつもり?
不可能と決めつけて
Oh 未来を
Oh 奪っていく
Oh あなたは
Oh 愚かもの

Oh なんだか
Oh 情けない
Oh あたしも
Oh 愚かものさ

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:19
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする