二十四節気恋唄

価格(税込)¥257

二十四節気恋唄 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

睦月 如月 立春に
鬼やらい 黄鶯■?v(こうおうけんかんす)
雨水 梅見(うめみ)はそろそろか?
霞始靆(かすみはじめてたなびく)

弥生 桃始笑(ももはじめてわらう)
春分 徐々に陽は長く
卯月 清明そろそろか?
虹始(はじめて)見(あらわれる)

いつだって 恋しくて 巡る一年(ひととせ) 季節を纏う様に

愛し愛せ いとをかし 我 皐月 立夏に初めて
鳴いて鳴いて 水無月 夏至を越え 菖蒲華(しょうぶはなさく) 花咲く

小暑(しょうしょ) 文月 大暑過ぎ
桐始(はじめて)結花(はなをむすぶ)
葉月 立秋そろそろか?
君を想い 寒蝉鳴(かんせんなく)

白露(はくろ) 長月 梨を剥き
秋分 徐々に夜は長く
霎時施(しぐれときどきほどこす)
冬隣(ふゆどな)り それが 神無月

いつだって 恋しくて 巡る一年(ひととせ) 季節を纏う様に

愛し愛せ いとをかし 我 立冬凍えて 霜月
鳴いて鳴いて 悴(かじか)む 冬至に ただ師も走る 走る

いろはも知らぬまま されど唄えるのよ
鳴いて鳴いて 抱いて抱いて 散りぬるを

愛し愛せ いとをかし 我 二十四節気 恋に焦がれ
鳴いて鳴いて 日暮らし 七十二候(しちじゅうにこう)に 花咲く

愛し愛せ いとをかし 我 二十四節気 恋に焦がれ
鳴いて鳴いて 日暮らし 七十二候(しちじゅうにこう)に 花咲く 花咲く

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:10
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする