あの夏の日々

価格(税込)¥261

あの夏の日々 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

いつもの街 変わりはなく おだやかな風が吹く
君と見た この景色 切なくオレンジに染まる
君が笑う、それだけで、それだけで良かった
くり返す、変わらぬ日々に、力をくれる笑顔でした

この街に来て三年が経ち 君に出会った夏の日のこと
ドラマみたいな始まり方は まるで終わりを知らせたみたいで
またこの街に夏が近づき、風のニオイに胸がドキドキ
君もどこかで感じてますか、俺と過ごしたあの夏の日々を

君がくれたジョンレノンのTシャツに袖を通す
いつからか着てなくて タバコのニオイがしみついてた
何か笑えた不思議だった 切なさも消えていた、
思い出の中 立ち止まる日々 ここまでにしよう そう思いました

君はいつかの夢を目指して、長い坂道をのぼりだして
走りすぎてく君の背中は、他の誰より輝いて見えた
俺にはそれがうらやましくて でも少しだけうれしくなって
俺は明日へとつづく道を がんばってまた歩こうと決めた

雨ふりで嵐もあるさ、いつまでも止まるなよ
輝いた君の背中に 追いついて、追いこすぜ お元気で

この街に来て三年が経ち 君に出会った夏の日のこと
ドラマみたいな始まり方は まるで終わりを知らせたみたいで
俺はいつかの夢を目指して、長い坂道をのぼりだして
努力にまさる天才なしと、君はどこかで叫んでいますか
俺は笑顔で街を歩いて、ときどき君の事を考え
夏の夜空にうかんだ月に、負けてないぜと一人つぶやいた
あの夏の日々よ

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:55
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする