天使がくれたハンマー

価格(税込)¥261

天使がくれたハンマー の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

まだこの星には閉ざした空と
海くらいしかなかった
自分がなにかもわからないまま
夢中で泳いでた

もがいた手が つかんだものは いのちの
道を標した 胸の音
どうすればいい?時を巻き込み
どうしても その先を 探してみたかった

神様が灯した小さな火に
世界はすぐに生まれた
はじめて洞窟で描いた線は
月まで繋がった

光はいつも 夢を映していたけど
影はかならず そばにある
どうすればいい?風に問いかけ
どうしても 呼ぶ声に 応えてみたかった

そう強く握りしめた
天使がくれたハンマー
どんな壁だって 苦しみながら
進むために 砕いてきた

希望の化石がきっと
そこには埋まってた
僕は誰?僕はどこ?
僕は知りたいんだ

誰もいなくなった星の軌道に
瞬いてる人工衛星
記憶を手繰るように信号を
送り続けてる

それは未来 それとも遠い 昨日か
名前も知らない 子供たちが泣く
どうすればいい?君を抱きしめ
どうしても ほんとうの 愛にふれたかった

さぁ強く握りしめよう
天使がくれたハンマー
どんな闇だって 心の奥に
次の場所は 隠れてる

希望の奇跡がきっと
どこかに埋まってる
君は誰?君はどこ?
君に逢いたいんだ

愛を守れ 愛を鳴らせ
天使がくれたハンマー
愛だけでいい 愛だけがいい
愛しかいらないんだ

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:08
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする