孤独の合唱

価格(税込)¥257

孤独の合唱 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

瞳の奥に隠した 暗くて深い海の事
どれだけ抑えても ずっと揺れている 覚えている

その手を上げて見せて ここにいると教えて
君と出会うために生まれる音が 迷わないように

いろんな時間が積み重なって それでもまだ続いている
大声だ 黙っていたって 心は歌う いつもいつも 今も

言葉を当てはめたら 壊れるから
出てくるままのかたちで 伝わるから

分けられない思いの ひとつひとつが響いた
誰にも解らない 涙だけのための メロディー

瞳の奥に隠した 青く灯る火の事
見失った時も 終わることなく 踊っている

その手を上げて見せて 生きていると教えて
君と出会うために生まれる音に 命を与えて

大切な全部を抱えてきて 荷物のように思っていた
抱えなければ羽根に変わって 心はすぐにでも飛べる

望んだら望んだ分だけ 遠い場所へ
体の一番奥の 知らない場所へ

僕らは今日出会った ひとつひとつが響いた
忘れたって構わない ついていくよ メロディー

その手を上げて見せて どこまで離れていようとも
君と出会うために生まれる音が 必ず見つける

望んだら望んだ分だけ 遠い場所へ
体の一番奥の 知らない場所へ

言葉を当てはめたら 壊れるから
出てくるままのかたちで 伝わるから

分けられない思いの ひとつひとつが響いた
手と手の隙間繋いだ 消えない証 メロディー

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:54
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする