250パーセントの愛でつつんで

価格(税込)¥255

250パーセントの愛でつつんで の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

僕を駅まで送ってゆく時の
ハンドルを持つ君の横顔は
世界で一番淋しそうな顔をしている

君の住んでいる町は素敵だよね
やさしさがホラ町に溢れて
夕焼け雲まで自由そうに空に流れて

君は黙ったまま ただ車を走らせている
明日から君は君 僕は僕の暮らしに戻るからだね
250パーセントの愛でつつんでるのに

どんな時でも涙は見せないで
サヨナラを言う君の君の生き方は
あの山のてっぺんにキリリと立つ城のようだね

僕がどれだけ君を愛してると
言いつづけてもただの口癖と
真に受けぬフリして微笑んで見送るんだね

君は黙ったまま ただ車を走らせている
明日から君は君 僕は僕の暮らしに戻るからだね
250パーセントの愛でつつんでるのに

君は黙ったまま ただ車を走らせている
明日から君は君 僕は僕の暮らしに戻るからだね
250パーセントの愛でつつんでるのに

250パーセントの愛でつつんでるのに

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:19
高音質
¥255

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする