一途な女

価格(税込)¥263

一途な女 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

肩が寒けりや 体を寄せな
夢が欲しけりゃ 瞼(め)をとじろ
町のはずれの この居酒屋が
お前と俺との 情けのねぐら
せめて飲もうよ コップ酒

生れついての 馬鹿正直が
渡る世間を 狭くする
指におくれ毛 からませながら
似たよな運命と お前は笑う
笑う瞳が なぜ濡れる

義理と人情 言葉にすれば
古い奴だと 他人は言う
俺は俺だと 小石を蹴れば
真似するお前も 一途な女
苦労したけりゃ 徒(つ)いて来な

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:27
高音質
¥263

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする