卯の花腐し

価格(税込)¥261

卯の花腐し の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

ずぶ濡れ
子猫
爪を
立てて

どれだけ
鳴いても
泣けちゃう
くらいの
灯は
ないの

ぬくもり
連れて
想い出
だだ流れ

散りゆく
花もよう
いくつも
見送れば
流れる
水の音なんて
やさしいだけ

ここまで
おいで
でも
手を
振るだけ

向こうに
渡って
戻る
ことない
蟻の
列を見た

呼吸を
供に
暖かい
部屋で待つ

散りゆく
花もよう
いくつも
見送れば
流れる
水の音なんて
やさしいだけ

平然と
朝になる
失う
覚悟は
できていた
明日を
見る者
だけが
背負う
痛み
だわ

散りゆく
花もよう
いくつも
見送れば
流れる
水の音なんて
やさしいだけ

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:29
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする