このごろ、そのひぐらしで

価格(税込)¥251

このごろ、そのひぐらしで の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

曇りのち雨の日の午後には
窓辺の音にゆられてうたた寝するのがいい
気づいたら知らない扉をあけて

君の声はやさしくて まるく淡く問いかける
ついてゆけば丘の上 甘い風が吹く

どうやってこの退屈な日々から抜け出せるの
さみしい時は君のこと連れてくわ
少しくらい、かまわないでしょう

曇りのち雨の日の夜には
明くる日の起きる時間など考えない方がいい
日常はそうやって過ぎてくものさ

君を一度あきらめて くたびれ果てた体で
ついてゆけば丘の上 夏の風が吹く

どこからお話のようなことはやってくるの
かなしい時は君のこと呼んでみる
少しくらい、かまってちょうだい

君の指はやさしくて 時につよく問いかける
ついてゆけば雲の上 どこへ行くの
戻ってきて

かなしいことがあったら 君と手をつないで
ふたりの知らない街を見に行こうよ
はしれ、はしれ 夏の風を味方にして
ずっとどこまでも

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:13
高音質
¥251

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする