シグナル

価格(税込)¥261

シグナル の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

夜はふけわたり 家までの帰り道
町を見下ろす丘の上立ちどまり
はるか、かなた、月青く
俺を照らす 街灯の下
ベンチに座り、自分の影見つめてた。

あの悲しみにひとりで涙した夜もある。
やさしさもとめ、日々をうろつきまわり・・・
なくなよ、男よなくな。子供ら帰りし公園
さうだろ? 今さらどこへにげるのさ?

どの道俺は道半ばに命燃やし尽くす
その日まで咲きつづける 花となれ。

雨上がりビルの向かうには晴れた空。
行けよまん中、太陽がまぶしいぜ。
おのづから歩み進め。
道に咲く花のやうに 本当さ、いつかこの空ひとりじめ

あのころキミは もとめつづけ
遠くばかりみてゐた。
今はもう まよはずに行けるさ

悲しみの月日があらたな歴史のシグナル
いまからはじまる未来のあなたのシグナル

今宵の月が満ち欠ける、町見下ろす丘に。
「どの道キミは、ひとりの男、心の花 咲かせる、人であれよ」と。

どの道俺は・・・

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:22
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする