魔法少女幸福論

価格(税込)¥262

魔法少女幸福論 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

いつだって一人でマルベリカ
大概ひと振り 退屈な奇跡だ
助けのキッカケも 悪戯も
何だって叶うマギスペリカ

地味だって避けられソリタリカ
どうして隠さなきゃって
悲惨なオキテだって
妄念も束縛 そんなのって!
毎日、平均点はもう懲り懲りでさ

テレビも週刊誌も、そう。
未来、期待もゼンブ揺れるけど
答えが振り向かなきゃ意味がないの
今日くらい約束破って
身勝手 変わった 幸福戦

例えば一夜で世界が終わるとか
ちょっとした魔法が使えたりだとか
そんな冗談で騙せないってわかっているけれど
生まれ変わらせて

いつだって子供でマルベリカ
鉄骨剥き出し 廃園午前3時
大人になるのが怖いって
長い夜が途切れるのも怖いって

まるで魔法みたい!って
没入感で欲しがってみても
人形遊びだって知ってるって

だけど罪を負ってさえも
求めたい未来を大嫌いだって
投げ捨てたり土に埋めるはずもない
今日を忘れさせないって
縛ることで知らしめても
今夜だけ酷く変わって
妬けて焦げた心拍数

満たされないことを責め立てて
そこに崇高な愛などないんだ
そんな私を赦して欲しいって
守れない約束を信じ続けてる

相も変わらず心情さえも醜く
大事に育った盲信少女の幻想は
きっと気付かないまま削げ落ちた
もう奇跡は降り注がれないんだ

例え地球を掻き乱す魔法でさえも
壊せない想いの結晶
欲の渦に巻かれ沈んでく宇宙で
自分を失くした、愛の侵略者よ!

ほんの一夜で世界が終わるとか
ちょっとした魔法が使えたりだとか
そんな冗談で愛してみたいんだ
この世の全てを君に聞いてみたい

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:13
高音質
¥262

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする