アンダンテ

価格(税込)¥257

アンダンテ の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

足元を通り過ぎる 歪なガラクタの影
秒針がやけに響く小部屋でひとり
他人事のような景色を ただ眺めている

胸に深く根を張った ちっぽけな理想の種
この広い世界で取るに足らないけれど
まだ心が痛みを 感じられるなら

暁に夢 いつか描いていた未来は
まどろみの中 滲んでしまう
遠ざかる闇 意識を手放すその前に
自分自身に 問いかけてみてよ

朝が目を覚まし 夜を連れ去ってく
鈍色の柵を越えて
あの日失くした過去を迎えに行こう

暁に夢 いつか描いていた未来は
形を変えて 繋がっていく
動き出す時間 いずれ消えゆく命なら
此処にいたこと 刻むために生きる

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:11
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする