線香花火

価格(税込)¥257

線香花火 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

ベランダで並んで夜風に当たれば
生ぬるい温度と都会の匂い
居場所を時々見失う僕を
世界と繋ぐのはいつも君だったな

大通り走る車の音すら
メロディーになって僕らを包んだ
終わりがくること忘れるくらいに
魔法に肩まで浸かっていたんだ

些細な思い出がいつまでも消えないまま

過去に生きてちゃいけないこと
わかってる、それでも
一人、ベランダ、零れ落ちてく
涙と線香花火

パチパチと燃える花火の灯りで
キラキラと光る君の横顔が
落とした火種の焦げ跡みたいに
まだ残ってる

過去に生きてちゃいけないこと
わかってる、それでも
一人、ベランダ、零れ落ちてく
涙と線香花火

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:07
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする