名前のない空腹

価格(税込)¥257

名前のない空腹 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

太陽が生まれたあの日に
私の愛はたぶん
死んでしまったんだ

唇にのせた瞬間に
溶けてしまう
甘いアイスみたく容易い

さようならもういらない
君の為に吐いた嘘がまわる

冷めてしまった身体は
孤独を食べ尽くして
名前のない空腹に彷徨うばかり
もう全部 全部 終わればいい
君のいない世界は
生きる価値もないのかも
残酷なくらいに味気ない

悲しみは喉の奥で
透明なふりをする
野放しな想いが
途方のない時を噛み砕く

絶望に捕食されて
醜い私の愛も生まれ変われ

高い高い空を見上げ
太陽を飲み込んだ
熱くて優しくて
泣きたくなったんだ

冷めてしまった身体は
孤独を食べ尽くして
名前のない空腹に彷徨うばかり
もう全部 全部 終わればいい
君のいない世界は
生きる価値もないのかも
残酷なくらいに

飢えてしまった愛情に
震える手を伸ばして
細胞一つかじった
際限のない欲望

太陽に恋をした
一人ぼっちの怪物

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:27
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする