湯気

価格(税込)¥257

湯気 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

寒くなったな そろそろ
晩御飯は何にしよう
きっと夜は冷えるから
あったかいものにしよう
たまには鍋でも

野菜切ってるビートに
合わせて歌うメロディー
パッパッタララ
なにそれと笑った君の袖まくり
覗いたまな板

細い指に巻かれた絆創膏が愛しいな

湯気の向こうで君が笑えば
また光る 明かり灯る 暗い夜照らす月
「苦手なものも残さず食べて」
また君が少し睨む すぐに話を逸らすよ

寒くなったな そろそろ
一袋のビニールを片手に帰る
宇宙のような部屋に彷徨う ただいま

ひとりきりじゃ味もろくに分からないな
ただ胃の中 埋め尽くすだけ
満たせば満たすほど 心 空になる

湯気の向こうで笑う君はもう
蜃気楼 幻だろう わかってはいるけれど
悩みを聞いてよ 涙を拭いてよ
まだ誰も ほんとのとこ わかってはくれないんだ

吹きこぼれて消えた火がなんだか僕らみたいだな

苦手なものを食べられるようになった時
何故か少し寂しくなってしまった
知らないことが増えていくんだな
住む街も髪の色も
変わってしまって さよなら
約束だってさ 無くなってしまうのかな
湯気の向こうで君がゆらゆら揺れる

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:46
高音質
¥257

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする