スターマイン

価格(税込)¥261

スターマイン の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

いつもは誰もいない堤防に登った
夜が映る 黒い水面
君がボソッと言うけど うまく聞こえないんだ
ドウンと響いて 弾ける光

ぼくのことなら心配ないよ
君らしく 君でいて

二人で見たその花火は 水の輪のように広がって
きっとこれでフィナーレだよって 君が言うたび
花火はまたあがるんだ

花火色に染まる君の白い浴衣
風に混じった火薬の匂い

あともう少しで届くかもよ
君一人で もうとべるよ

手を伸ばしたら触れそうだな 夢も花火もそこにあるのに
あっという間に闇の中へ 眩しい光は吸い込まれ消えた

君とぼくの時間が止まる
二人で見たその花火は いくつもいくつも折り重なって
君とぼくと 願いと不安も
全部包んだ 呼吸もできないくらい

全部包んだ 呼吸もできないくらい

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:21
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする