夏のどこかへ

価格(税込)¥261

夏のどこかへ の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

迷いを束ねて 夏の幕開け
悲しみ脱ぎ捨て 何度も誰よりも照らせ太陽
狙いを定めて 夏のどこかへ
予報通り晴れたらいいのにな

だけどまだ

思いを集めてあの日も朝まで
見えない明日を何度も今でも探すヒカリを
願いを叶えて もっとはみ出せ
期待外れだって戯けて笑ってた

oh~痛みを知らない
アイツに手を振って
oh~魔法が今解けてゆく
苦しみの中に迎えにいこう

胸が弾けて
透き通る青空
ココロの地図広げ
やりきろうぜっ、ジブンらしく。

この歌は君がこんな僕にくれた
言葉や想いが全部 間違わずに
届きますように

oh~痛みを知らない
アイツに手を振って
oh~魔法が今解けてゆく
楽しみは後にとっておこう

胸が弾けて
透き通る青空
ココロの地図広げ
やりきろうぜっ、ジブンらしく。

この歌は君がこんな僕にくれた
言葉や想いが全部 間違わずに
残りますように

届けたい歌がある

何も癒えなくて
あまりに無力で
聴こえてるかい?
こっちへおいで
ここには居なくて
陰に陽が射して
笑えてるかい?
空の向こうで

魔法が今解けてゆく
シガラミは捨てて?きていこう

胸が弾けて
透き通る青空
ココロの地図広げ
やりきろうぜっ、ジブンらしく。

この歌は君がこんな僕にくれた
言葉や想いが全部 忘れずに
間違わずに届きますように

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
03:58
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする