冬枯れのヴィオラ

価格(税込)¥261

冬枯れのヴィオラ の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

木枯らしに襟を立て 街角でひとり
鈍色の空の果て 心を誘う

国境を越えるのは 明日になるだろう
思い出は黄昏に 燃やしてゆくさ

孤独は卑怯の 言い訳なんだよ
許してくれとは 言わないさ
恨んでもかまわない

泣けば泣いただけ
冬枯れのヴィオラ
胸を破いて 響くさみしさ
耳を塞いで

星が降る石畳 声のない広場
懐かしいDoorの色 すべてが夢か

慰めのくちづけじゃ 幸せもつらい
行き止まる 若さだけ 責めればいいさ

涙は心の 逃げ道なんだよ
愛していたとは 言わないさ
さよならも残さない

泣けば泣いただけ
冬枯れのヴィオラ
胸を破いて 響くさみしさ
恋の終わりに

過去など未来の 足枷なんだよ
本気だったかは 訊かないさ
ぬくもりも褪めてゆく

泣けば泣いただけ
冬枯れのヴィオラ
胸を破いて 響くさみしさ
君はまぼろし

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
05:29
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする