シダレヤナギ

価格(税込)¥261

シダレヤナギ の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

シダレヤナギ 時折 風に吹かれ
シダレヤナギ いつかのあなたを想う

川のその辺(ほと)り 一人歩きながら
遠い花火の音だけ聴いた
あの日も暑かった それなのに なぜだろう
私たちは黙って手を繋いだね

きっと心が近づきたがってたんだ
好きって気持ちは 絶対誰にも止められない
どこまでもついて行かせて

シダレヤナギ しな垂(だ)れかかるように
シダレヤナギ あなたの愛に凭(もた)れて
シダレヤナギ すべてがなし崩しに
シダレヤナギ 自分だけのものにしたいと思ってた

瞼(まぶた)閉じて見る夢はいつか覚めるけど
瞼開(ひら)いて見る夢もある
あのままどこまでも歩けると思ってた
この手を離さなければ
ずっと 永遠...

そして突然 土砂降りの雨だなんて
その運命を断ち切ろうとしていたのか
思い出はいつも悲しい

ヨゾラヤナギ 煌(きら)めく街の灯(あか)り
ヨゾラヤナギ 涙 溢れて揺れる
ヨゾラヤナギ 月日にたわみながら
ヨゾラヤナギ 愛しさは何も変わらず流されて

想う気持ちが折れないように
足元 踏ん張ってても
泣きたくなったら
泣けばいいんだ
風に吹かれるまま

シダレヤナギ しな垂(だ)れかかるように
シダレヤナギ あなたの愛に凭(もた)れて
シダレヤナギ すべてがなし崩しに
シダレヤナギ 自分だけのものにしたいと思ってた

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:05
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする