秋の気配

価格(税込)¥261

秋の気配 の 歌詞

歌詞は無料で閲覧できます。

通り雨があと少し続いたら
君への想い伝えられたのに

小さな傘に肩をぬらして
君と歩いた夏を見つめてる 海の向こう

どうして どうして切なくなるんだろう
伸びた髪揺らす風はいつの間にか秋の気配

まぶしかった泥だらけの背番号
声嗄らして信じたあの夢

大きな背中ふるわせ泣いた
君にかける言葉を今もまだ探してる

どうして どうして寂しくなるんだろう
帰り道 夕日に染まるこの心

どうして どうして切なくなるんだろう
伸びた髪揺らす風はいつの間にか秋の気配

Powered by

この曲を購入する

  曲名 時間 高音質 価格(税込)  
04:36
高音質
¥261

このページにリンクをはる

■URL

たとえば…
・ブログのコメントや掲示板に投稿する
・NAVERまとめからリンクする

■テキストでリンクする