NEWS

ニュース

ニュース一覧

(CMメイキング映像)ベッドに横たわる平野ノラ

2018/08/17 14:59

【8月の注目CM】平野ノラ、初の「下着」モデル、石原さとみ「大人の色香」発奮、 8月放送の“話題CM”まとめ  8月OAのテレビCMを紹介する『CM まとめ動画2018【8月号】』。今回は、バブリー芸人の平野ノラが人生初の下着モデルに挑戦したワコール『シンクロブラ』CM。ここ最近、グっと大人の色香を増した女優・石原さとみの花王『プリマヴィスタ』CM。また、ロバート・秋山竜二が演じるクリエイターズファイル「YOKO FUCHIGAMI」とゲームアプリ『ポケコロ』とのコラボCMなどなど、注目作をおさらいしていこう。

■本人も自信を見せた「仕上がり具合」イイ女に昇華した平野ノラ

 お笑い芸人・平野ノラがワコールの新製品『シンクロブラ』のイメージモデルに起用され、人生初となる下着モデルに挑戦した。平野はCM撮影本番までにダイエットを重ね、自分でも驚くほどの“イイ女”へと変貌。平野は黒いブラジャーを着用し、カーテンにくるまったり、ベッドの上で自然体のポージングをスチール撮影で披露。まるでトップ女優の下着CMを見ているかのようなビジュアルに、ついつい見とれてしまうほど。そんなCM動画を見たユーザーからは、「普通に美しすぎて、笑ってしまった」、「女優さんばりに綺麗」、「ノラさんめっちゃ綺麗」と称賛の声が送られた。

 バブリーな濃いメイクのため“隠れイイ女”として評判であった平野に、ついに“美のバブル”が到来か?

■『高嶺の花』で醸し出す“良家の風格”そのままをCMでも見せる石原さとみの色香

 女優の石原さとみが花王『プリマヴィスタ』のCMに登場。花王商品では、『プリマヴィスタ』以外にも『フレア フレグランス』、『リーゼ』、『オーブ クチュール』と様々なCMに起用されている彼女が今回のCMでは、セルフポートレート撮影に挑戦。

 現在、放送中のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)で見せる妖艶な雰囲気をイメージしてしまうほどこのCMでも艶っぽさが前面に披露。ファッション雑誌の撮影のようにクールな佇まいと、飾らないとびきりの笑顔を見せている。

 「美的ベストコスメ大賞」で3年連続“なりたい顔”に選ばれるほどの憧れの対象となっている石原。可愛さとセクシーさを併せ持つ最強フェイスはまだまだ進化を遂げるだろう。

■40年前の武田鉄矢と、今の時代を切り取るロバート秋山のクリエイターズファイル 新旧CMも見どころ

 俳優の武田鉄矢と濱田岳が共演した『マルちゃん 赤いきつねと緑のたぬき』のCM。「若い頃はどんな仕事でも受けたほうがいいぞ」と武田が濱田にアドバイスすると、1979年に放送された実際のCMが流れる。戦車に追い掛け回され、「戦車が怖くて、赤いきつねが食えるか!」とドヤ顔で商品を掲げる武田。当時、見ていた世代には懐かしさを禁じ得ない映像を満喫できる。

 昔のCMにはない、新たな演出法を見出したのがロバート・秋山竜次の『クリエイターズファイル』。世界的ファッションアドバイザーのYOKO FUCHIGAMIに扮した秋山がゲームアプリ『ポケコロ』とコラボした。このシリーズはもはや“説明”や“意味”などというものは無粋とも感じる構成となっており、「なんか、こんな人いそうだな」と感じさせる“コント感”が若者に人気を呼んでいる。

 40年前の武田のCMと、最新の流行の『クリエイターズファイル』と時代によって変わるCMの描かれ方などを感じながら見るのも、面白いかもしれない。

声優・石塚運昇さんが死去

2018/08/17 14:28

石塚運昇さん死去、「ポケモン」オーキド博士後任は未定 10月1週目放送まで収録済み  アニメ「ポケットモンスター」シリーズでオーキド博士役やナレーションを務めた声優・石塚運昇さんが13日、食道がんのため67歳(享年68)で亡くなった。同アニメを放送するテレビ東京は17日、追悼コメントを発表。石塚さんの「ポケモン」出演について10月1週目までの放送回はすでに収録を終えていると明かし、以後の代役、後任については未定と発表した。

 コメントでは「石塚運昇氏はアニメ番組やアニメ映画、外国映画、海外ドラマ番組の吹替えで、数多くの役の声優を務められました」とし、「とくに1997年4月の放送開始から21年を経た『ポケットモンスター』のテレビアニメシリーズ、今年7月の公開で21作目となった映画『劇場版ポケットモンスター』では、おもにナレーションとオーキド博士役として、世界中の子どもたちに夢を与えるべく長きにわたりご尽力をいただきました。心より感謝を申し上げますとともに、哀悼の意を表します」と追悼した。

 また、今後の「ポケモン」テレビシリーズについても言及。「放送中のテレビシリーズアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』では、おもにナレーションとオーキド博士役としてご出演されています。10月一週目までの放送回はすでに収録を終え、予定通り放送する予定です。以後の代役や後任については未定です」と説明した。

夏に挑戦したいことを明かした蒼井優 (C)ORICON NewS inc.

2018/08/17 14:15

蒼井優、夏の予定はしずちゃんとダイビングに挑戦「教えてもらいたい」  女優の蒼井優(33)と俳優の西島秀俊(47)が17日、都内で行われたアニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』初日舞台あいさつに出席。夏に挑戦したいことを明かして、会場を和ませた。

 『ペンギン・ハイウェイ』は、『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』などの森見登美彦氏の同名小説(角川文庫)が原作。少年のひと夏の成長を独特の世界観で瑞々しく描いた青春ファンタジー。

 季節柄の質問として、夏に挑戦したいことを聞かれた蒼井は「この前、南海キャンディーズのしずちゃんとスキューバダイビングしに行こうと約束した」とにっこり。「私は免許はないのですが、しずちゃんは持っているというので、教えてもらって楽しみたいです!」とワクワクしていた。

 一方、西島は「あの〜、え〜と、あれなんですか?」と、頭で言いたいことがあるが言葉で説明できない様子。オドオドしている姿に会場は笑いに包まれ、見かねた司会者が「何かヒントありますか? こちらで考えます」と助け舟。西島は「焚き火みたいなの…」と言うと、「キャンプファイヤー」と即答され、「そう! キャンプファイヤーだ! …すみません」と苦笑いしていた。

 やりたい理由について「自分はインドアなんで、今年の夏は外に出て“火を燃やしてみたい”です」と珍回答をして再び会場を笑わせた。

 途中、きょう33歳の誕生日を迎えた蒼井優と23日に21歳となる北香那へサプライズでケーキが登場。石田祐康監督から祝福のメッセージとともに似顔絵が贈呈され2人は満面の笑み。蒼井は「台本に『サプライズケーキ登場』と書いてあって、全然サプライズじゃないと思っていて」と暴露しつつ、「(似顔絵をいただいて)本当にうれしいです! ありがとうございます」と真のサプライズに喜んでいた。

 この日は、、竹中直人、原作者の森見登美彦氏も登壇した。

『SUMMER STYLE AWARD2018決勝大会』ビューティフィットネスモデル部門に出場したCathyさん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.

2018/08/17 14:14

美人ラウンドガール、大会で悩殺ボディ披露「筋トレ女子になったのは失恋がきっかけ」  先週末、東京・日野市民会館(ひの煉瓦ホール)で開催された『サマースタイルアワード(以下SSA)2018決勝大会』に美ボディ自慢の男女108名が集結。ボディラインを強調する大胆ウェアでステージに登場し、その肉体美を披露した。

 女性部門は筋肉量が重視される「ベティ」クラスと、筋肉量よりもトータルの容姿が大きく評価される「ビューティフィットネスモデル」クラスがあり、後者はいわゆる“ムキムキボディ”ではなく、トレーニングで磨いた“メリハリボディ”の階級だ。とくに、決勝大会の出場者は地方大会の上位入賞者とあって、プロポーション抜群の美女ばかり。

 ダンサー兼K-1のKHAOS(カオス)でラウンドガールを務めるCathyさんも、東京大会で3位に入賞し、同大会にコマを進めた筋肉美女のひとりだ。

「私がトレーニングを始めたのは1年半前。きっかけは“失恋”です。そのとき好きだった人が体を鍛えていたので、最初は、メリハリのあるボディを手に入れて、彼の気を引きたい、見返してやりたいっていう気持ちでトレーニングを始めたんです」

 当時のCathyさんは「二の腕がリレー競技で使う“バトン”のように細く、ひょろひょろだった」という。パーソナルトレーナーによる指導を受けながら、筋トレとタンパク質を重視した食生活を続けた結果、「今の体の方が好き」と自信を持っていえるボディに生まれ変わった。

「自信のあるパーツはお尻です。今後は、背中と肩をもっと鍛えて、(「ビューティフィットネスモデル」より筋肉量が必要な)上級部門にも挑戦してみたい。絞りかたひとつとっても、まったくレベルが違うんです。だから、もっともっとトレーニングして、そういう大会でも上位入賞できるような体を目指したいですね」

 最後に「恋人は?」と尋ねると、「恋はつねにしています。私、すごく惚れっぽいので(笑)。残念ながら、片思いばっかりですけど、いつか振り向いてもらえるように、これからも自分を磨き続けます!」

声優・石塚運昇さんが死去

2018/08/17 13:26

声優・石塚運昇さん死去 67歳 「ポケモン」オーキド博士役など  声優の石塚運昇(いしづか・うんしょう)さんが、食道がんのため13日に亡くなった。67歳(享年68)。17日、所属事務所が書面を通じ伝えた。石塚さんはアニメ『ポケットモンスター』のオーキド博士役やナレーションなどで知られる。

 事務所は「食道癌のためかねてより病気療養中でしたが、薬石効なく平成30年8月13日永眠いたしました。生前、皆様から頂きました御厚誼に心より深謝致します」と訃報を伝えた。

 通夜・告別式は親族のみで執り行った。お別れの会の開催については遺族の意向もあるとし、後日改めて報告する。

 石塚さんは「ポケットモンスター」シリーズで、オーキド博士役やナレーションのほか、多くのポケモンの声を担当。アニメ『カウボーイ・ビバップ』のジェット・ブラック役、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』のジョセフ・ジョースター役などでも知られる。

久々のドラマ映画大ヒットとなった『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会

2018/08/17 13:00

『劇場版コード・ブルー』大ヒットのカギはドラマから時間を空けた映画化  フジテレビの人気ドラマを映画化した『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が、7月27日の公開から3週連続で全国映画動員ランキング1位を獲得。8月12日までで累計興収52億円(動員406万人)を突破し、最終100億円超えが期待できる状況。ドラマ映画としては、2012年の年間映画興行の邦画1位になった『BRAVE HEARTS 海猿』(73.3億円)以来、6年ぶりの大ヒットとなった。

◆ドラマ映画の全盛は主に90年代後半から00年代

 ドラマ映画の全盛は主に90年代後半から00年代。フジテレビの『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998年)が推定興収100億円前後(当時発表の配給収入で50億円)を超える大ヒットを記録し、各局から『海猿』『ROOKIES』『あぶない刑事』『アンフェア』など人気連続ドラマの映画化が続いた。そのなかからは、実写邦画歴代興行収入1位となる『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(173.5億円/2003年)なども生まれている。

 しかし、時代とともに高視聴率ドラマは少なくなり、その一方でテレビ局の収益の柱のひとつにもなった映画事業からのドラマ映画は数ばかりが多くなり、テレビドラマと変わらない内容の作品なども散見されるようになり、次第に観客の足は遠のいていった。近年のテレビ局映画(ドラマ映画のほか漫画実写やオリジナルなどを含むテレビ局製作映画)は、人気漫画や小説など原作ものの実写化が主流になり、ドラマ映画は1年に1〜2作ほどが制作されているが、フジテレビ作品では『信長協奏曲 ノブナガコンツェルト』(46.1億円/2016年)、『昼顔』(23.3億円/2017年)などが邦画実写が低迷するなかでもスマッシュヒットになっていた。

◆もともと人気の高いドラマがシーズンを経て、幅広い層の視聴者を獲得

 そうしたなか、かつてドラマ映画を得意としていたフジテレビによる、シリーズを通して高視聴率をキープしていた大型ドラマの映画化となる『劇場版コード・ブルー』に対しては、その動向に映画界からの熱い注目が集まっていた。そこで予想外とも言える規模の大ヒットスタートを切ったのだ。

『コード・ブルー』は、2008年7月期の連続ドラマ『〜 1st season』の放送に続き、翌年にスペシャルドラマ、さらに2010年1月期に『〜 2nd season』が放送され、それぞれ高視聴率を記録。この時点で固定ファンのいる人気シリーズになっていた。そのあと7年を経て、『〜 3rd season』が2017年7月期に月9枠で放送され、二桁ドラマが少ないなか平均視聴率14.6%を獲得。過去のシーズンを観ていない、新たなファンも多く獲得していた。

 そして、いよいよ映画化された今作は、劇場には若年層の女性の姿が多く、『〜 3rd season』の視聴者がメインの観客層になっているようだが、それに過去シーズンからのファンも加わり、幅広い層の動員に成功している。映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「もともと人気の高いドラマだったが、映画ではテレビから10年が経ち、登場人物たちが年齢を重ねて成長していく姿が描かれている。この長いスパンの連続性のなかで、ファンの関心の度合いも増したと思う。結果として、過去のドラマ放送直後ではなく、時間を空けて映画化したことが功を奏したと言えるでしょう」と分析する。

 また、作品の内容としても、“医療ドラマ”という点が、ヒット要因としては大きいようだ。大高氏は「『ドクターX』を筆頭に、医療ドラマは他ジャンルと比べて根強い人気がある。それに加えて、ドクターヘリが登場する『コード・ブルー』にはヘリに伴うスケール感が生まれ、医療ジャンルの幅が膨らんだ。その新局面が、医療現場や仲間意識などを描く感動的な側面とうまくミックスされ、新しい医療ドラマにつながった」と高く評価した。

◆テレビ局映画の強いヒット力が映画界に必要

 近年の映画シーンにおいて邦画実写が低迷している要因のひとつには、テレビ局映画の苦戦がある。当たればビッグヒットが望めるが、20億円前後の中ヒット以上がなかなか生まれなくなって久しい。かつては大ヒットを連発していたドラマ映画は、連続ドラマの視聴率が一桁もめずらしくない昨今、ドラマ映画の数自体も少なくなり、年に1作ほどは社会現象的なムーブメントとなるドラマも誕生しているが、作品それぞれの事情により映画化したくてもできないということも重なっていた。

 そんななかで、今回の『劇場版コード・ブルー』の大ヒットは、邦画実写シーンに明るい兆しを指すとともに、ドラマ映画のポテンシャルを改めて示した。ヒットのサイクルのようなものがあるが、漫画実写映画が飽和状態にあり動員力が弱まっているいま、今作をきっかけにドラマ映画の新たな企画が増えていき、ドラマ映画再興へとつながることへの期待は高まる。

 大高氏は「テレビ局映画には強いヒット力があり、そのビッグヒットの素地が高い作品が映画界には必要。視聴率はそれほど高くなくても、コア層がついている根強い人気ドラマもある。これまでの反省も踏まえつつ、今後はドラマ映画の新機軸を作ってほしい」と期待をかける。

新感覚“たとえ”トーク番組『たとえBAR』が18日に放送(C)NHK

2018/08/17 11:30

新感覚“たとえ”トーク番組に水野良樹も太鼓判「最初から最後まで笑いっぱなし」  今までありそうでなかった“たとえ話”にスポットを当てたトーク番組『たとえBAR』(NHK)が、あす18日に放送される(後11:30〜深0:00)。たとえ好きのマスターとしていきものがかり・水野良樹、常連客として後藤輝基(フットボールアワー)、川島明麒麟)、関根勤、壇蜜、松井玲奈、中川翔子が出演し、次から次へと珠玉のたとえを繰り出していく。

 今回、番組で扱う話題は4つで、まずは『人生とは何か』という根源的な問いをたとえで掘り下げる。東京・大阪の街角で聞いた名言が溶け込むVTR「たとえ名人トニック」で“人生たとえ”を味わいながら、常連客もたとえを連発。後藤は「人生はビーチボール」との言葉を残す。

 『現代版スカッとことわざ』では、取り返しがつかないことをたとえた表現「覆水盆に返らず」の現代バージョンを考案。『人気作家のたとえ』では、森見登美彦氏と村上春樹氏の作品に登場するたとえの文章を引用しながら、常連客たちがオリジナルのたとえを大喜利のごとくたたみかけていく。

 『たとえジュークボックス』では、水野がたとえの歌詞が印象的な名曲を演奏し、その歌詞の意味を客たちが独自の解釈で読解。今回のお題は、ジュディ・オングの「魅せられて」で、サビの中に登場する歌詞「女は海」というたとえには、いったいどんな意味が込められているのかを考えていく。

 水野は「NHKのスタッフさんにほだされて、なぜかバーテンダーの格好に身を包み、謎のお店のマスターを引き受けてしまいました。普段は、おしゃべりやお芝居、歌やダンスでたくさんの人々を楽しませているプロのエンターティナーである常連客(?)のみなさんの、とってもすてきなたとえトーク。最初から最後まで笑いっぱなしでした。皆さんも、ぜひチャンネルを合わせて、お店の様子をのぞいてみてください。お待ちしています」と呼びかけている。

2018/08/17 11:23

舞川さくら、蒲田の温泉ライブに出演!  マルチタレントの舞川さくらが8月18日(土)に蒲田温泉で開催される『ライブが沸いて汗をかいたら温泉入ればいいじゃないスペシャル!2018summer』に出演決定!

25分に及ぶ長めのライブセットで、明るく楽しい舞川さくらのライブが堪能できる内容だ。

舞川さくらに今回の意気込みを語ってもらった。
『今まで色んなところでライブをしましたが、温泉で歌うのは初めてです。たくさん盛り上がって温泉で汗流しましょう!』

■イベント概要
Sound Synergy EX01
ライブで沸いて汗をかいたら温泉入ればいいじゃないスペシャル!2018summer

日時:8月18日(土) 開場11:00 / 開演11:30
会場:蒲田温泉2F大広間
料金:4000円 / 当日4500円(ともに入浴料込)
出演:Sinquacious、Saki、BlackSociety、北川瑛絵、林家扇、舞川さくら など
舞川さくら出演時間:12:35〜13:00

▼ご予約は“舞川さくら”から(当日6:00まで)
tiget.net/events/31573

■舞川さくら公式Twitter
https://twitter.com/maikawa_sakura

宇多田ヒカルの最新アルバム『初恋』ジャケット

2018/08/17 11:00

宇多田ヒカル、16年ぶりアナログ盤リリース  シンガー・ソングライター宇多田ヒカルの最新7thアルバム『初恋』(6月発売)が、ファンからの要望に応えてアナログ盤として11月7日に発売されることが決定した。シリアルナンバー入りの生産限定盤で、12年ぶりの国内ツアー初日の11月6日から入手可能となる。

 宇多田がアナログ盤をリリースするのは、2002年発売の3rdアルバム『DEEP RIVER』以来16年ぶり。アナログレコードならではのリッチな音質を最大限に生かすための2枚組仕様となる。カッティングエンジニアは、CDマスタリングを手がけた名匠ボブ・ラディックが全幅の信頼を寄せるクリス・ベルマンが担当する。

 ジャケットにはシリアルナンバーを入れ、アナログジャケットサイズのブックレットが封入される。

■『初恋』アナログ盤収録曲
▽Disc 1 Side A
01. Play A Love Song
02. あなた
03. 初恋
▽Disc 1 Side B
04. 誓い
05. Forevermore
06. Too Proud featuring Jevon

▽Disc 2 Side A
07. Good Night
08. パクチーの唄
09. 残り香
▽Disc 2 Side B
10. 大空で抱きしめて
11. 夕凪
12. 嫉妬されるべき人生

8月17日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演するゆず

2018/08/17 10:29

ゆず、3年ぶりのしんちゃんとのコラボは? 「僕らだけジジイになってました」  人気デュオ・ゆずが、17日放送のテレビ朝日系『ミュージック・ステーション』(毎週金曜 後8:00)に出演。同局系アニメ『クレヨンしんちゃん』主題歌「マスカット」をテレビ初披露する。北川悠仁は「“マスカット”をキーワードに展開している歌詞と、ひとつの曲の中でいろんなジャンルの音楽に展開していくところがポイント」。岩沢厚治も「痛快なスカからレゲエまで、曲の変化を楽しんでください!」と見どころを明かした。スタジオにはしんちゃんも登場するゾ。

 今回は『クレヨンしんちゃん』の主題歌ということもあり、北川は「しんちゃんをご覧になる方が、スカッとして1週間の疲れが吹っ飛ぶような曲がいいと思い作りました。オープニングでしんちゃんたちが踊る姿をイメージしています」と解説。「マスカットが好きなので、いつかそのタイトルで曲を作ろうと思っていたんです」と、秘めた思いも打ち明けてくれた。

 ゆずのライブではすでに披露されている、しんちゃんとのコラボダンスについて、振り付けのポイントは「マスカットポーズです!」と、2人。映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』(2015年)の主題歌だった「OLA!!」以来、3年ぶりとなるしんちゃんとのコラボについて岩沢は「久々にしんちゃんとお仕事しましたが、全く歳をとられてないのに僕らだけジジイになってました」と、楽しそうに話していた。

 今夜は、1998年に発売以来、夏の定番曲として人気を博している「夏色」も披露。しんちゃんと息の合ったダンスも見せる。

 このほか、人気アイドルグループ・欅坂46が、5ヶ月ぶりに登場し、自身通算7枚目のシングル「アンビバレント」披露する。振り付けも引き続きTAKAHIRO(上野隆博)が担当し、側転やでんぐり返し、空中逆上がり・フライトなど、迫力のあるパフォーマンスが見どころ。あいみょんは、夏の風景に男女の恋模様を重ねたストレートなラブソングで、5枚目となるシングル「マリーゴールド」を。家入レオは、ドラマの主題歌としてヒット中の「もし君を許せたら」。

 ジャニーズWESTは人気サッカーアニメのオープニング主題歌となっている「スタートダッシュ!」で、ポジティブなメッセージを元気いっぱいに届ける。Perfumeは、発売されたばかりのアルバム『Future Pop』からリード楽曲「Let Me Know」を披露する。

 また、昨年大流行した「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」に合わせたバブリーダンスをはじめ、1980年代後半に流行したユーロビート調の「U.S.A.」の大ヒットなど、いま若者の間でも80年代のヒット曲が再燃中なことから、「10代に聞いた好きな80年代ソングベスト5」を発表。バブリーダンスに続く新たな80年代ソングが明らかになる。

人気急上昇特集ページ

最新アルバム『DINOSAUR』を体現した “LIVE DINOSAUR” ツアー、待望のリリース!