NEWS

ニュース

ニュース一覧

地元で自己最高の2位になったSKE48・須田亜香里 撮影:estudio pepe 神田有希(C)oricon ME inc.

2018/06/16 21:06

【第10回AKB総選挙】SKE48須田亜香里、地元で自己最高の2位 女王まであと一歩 ■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 SKE48チームEの須田亜香里(26)が、自己最高位となる2位にランクイン。地元開催で女王に肉薄し、名実ともに48グループの中心としての存在感を発揮した。

 今回の選挙で「図々しいけど、“1位になってみたい”と思ってしまいました」と掲げていた目標には届かなかったが、トレードマークのアイドルスマイルを全開にし「私が一番びっくりしています」と率直な胸の内を明かした。

 加入当初は端のポジションからのスタートだったが「登ってくれば、こんなに高いところまでこれるんだということを、これから頑張ろうと思っているメンバーたちに証明することができたら」と語り、「いま端っこにいるメンバーも、握手会は今は短いというメンバーも、ブスだって言われても、運営から推されなくたってこうやって上がることだってできるんだ」とメンバーにエールを送った。

 続けて、現在は多数のメディアに呼ばれる売れっ子になったから気づいたこととして「世間のみなさんは私たちが思っている以上に48グループに興味がない」と指摘。「今こそメンバー一人ひとりが武器、自分自身をもっと武器にして個性を出して、48グループの旗を掲げて戦っていくときだと思います。弱いところを恐れずに頑張っていけたらいいなと思います」と呼びかけた。

 握手会での神対応で地道にファンを増やしてきた須田は、2016年のAKB48選抜総選挙では7位、昨年は6位と2年連続で“神7”入りを果たすなど、今やグループの中心的存在に成長。昨年はフジテレビ系『スカッとジャパン』など地上波テレビ138本(同誌調べ)に出演、今年もTBS系『サンデー・ジャポン』や『有田哲平の夢なら醒めないで』などでも存在感を発揮している。

 今年2月発売の雑誌『FLASH』の撮り下ろしグラビアでは「本人史上最高にかわいくてエロティック」に挑戦し、新たなる一面を開拓して話題を呼んだ(今回の総選挙のポスターにはそのグラビア画像を使用)。3年前には「週に4日休み」とブログに書いていたが、今や正月以外に連休がないところまで仕事が増えており、グループきっての多忙メンバーとなっている。

 今回の総選挙の大本命・松井珠理奈も、同じSKE48として須田の勢いを間近で感じているからこそ「本当に一番怖いのは須田亜香里ちゃんです。須田ちゃんが本当に強いなと思うのは名指しで言ってくるところ。松井珠理奈に勝ちたい、いい勝負がしたいと言ってくれるのがうれしい」とライバル視していた。

◆須田亜香里(すだ・あかり)1991年10月31日生まれ、愛知県出身。愛称は「あかりん」。SKE48の3期としてデビュー。過去の総選挙は第2回から圏外→36位→29位→16位→10位→18位→7位→6位。メ〜テレの情報番組『ドデスカ!』レギュラーコメンテーターを務め、『痛快TVスカッとジャパン』にも継続出演中。

3位で悔し涙を流したHKT48・宮脇咲良 撮影:estudio pepe 神田有希(C)oricon ME inc.

2018/06/16 20:59

【第10回AKB総選挙】宮脇咲良が3位 HKT“4連覇”逃し悔し涙「さっしー、ごめんなさい」 ■『第10回AKB世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 初の栄冠を狙うHKT48・宮脇咲良(20)が14万1106票を獲得し、3位にランクイン。過去順位は第4回から47位→26位→11位→7位→6位→4位と着実にランクアップを遂げてきた努力家。惜しくも女王の座は逃したが、今年もまた一つ上の景色を切り開いた。

 過去の総選挙では強気スピーチの数々で常に自身を鼓舞してきた。「私のライバルはさっしーです」(第6回 11位で初選抜入りして)、「AKB48を壊したいです」(第7回 初の“神7”入り)、「来年の予言をさせてください。第1位は宮脇咲良です」(第9回)。今年のアピール動画では「さっしーが立候補しなかった今年、博多が3年間守り抜いた旗は私が引き継ぐ」と、改めて1位奪取とHKTの4連覇を宣言していた。

 3位で名前が呼ばれると悔しさに涙を見せながら「投票してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。さっしー、ごめんなさい。私はずっとさっしーの背中を見てきて、さっしーの1位の背中を見て、ああなりたいと思って、さっしーが出ない総選挙で、私がずっとさっしーが守ってきた1位を守りたいと思ったけど、ごめんなさい」とお詫び。

 選抜にはHKTの“なこみく”コンビが入ったことを受け、「私が1位の背中を見せたかったけど、届かなかった。けど、今までで一番投票数が多くてうれしかったです」と振り返った。また「私は今年で最後の総選挙にしようと立候補しました。初ランクインから一度も順位を落とさず、今回も3位で悔しい気持ちもありますが、一度も順位が落ちなかったことが私の誇りなので、自分の誇りを胸に私は総選挙を終わらせようと思います。本当にありがとうございました」と、今回で総選挙から身を引くとした。

 続けて「でもまだ卒業するわけではないので、これからは悲しいこと、つらいことばかりではなく、笑顔のアイドル人生にしたい」と今後の展望も。最後は「本当にHKT48になれて、HKT48のみんなに出会えてよかったです。応援ありがとうございました。(指原に向けて)ごめんなさい、でもまだまださっしーと頑張りたいので、さっしーはアラサーだけど、私もアラサーになるまで頑張るので、これからもずっと一緒に走っていってください」とファンに呼びかけていた。

◆宮脇咲良(みやわき・さくら)1998年3月19日うまれ、鹿児島県出身。HKT48 1期生で現・Team KIV副キャプテン。2012年10月、AKB48のシングル「UZA」で初選抜入り。14年11月、AKB48シングル「希望的リフレイン」で初センター(渡辺麻友とWセンター)を務めた。

4位にランクインしたNGT48・荻野由佳(C)AKS

2018/06/16 20:52

【第10回AKB総選挙】NGT48荻野由佳が4位で初載冠逃す 「うわー」嗚咽“スピーチ”で感謝  ■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 人気アイドルグループ・AKB48の53枚目シングル(発売日未定)を歌う選抜メンバーをファン投票で決める『第10回AKB48世界選抜総選挙』が開票され、昨年最終5位(7万3368票)、今年速報1位のNGT48の荻野由佳(19)が8万1629票を獲得し4位にランクイン。自己最高位となったが、惜しくも初載冠を逃した。

 昨年は、過去最多得票数で速報1位の番狂わせで最終5位(7万3368票)で見事に“神7”入りを果たした“おぎゆか”。今年も自身の持つ過去最多の速報得票を4470票上回る5万9531票で暫定1位発進し、速報2位のSKE48の松井珠理奈、3位のHKT48の宮脇咲良が追う形となったが、暫定1位のまま、逃げ切ることができなかった。

 荻野は、小学6年のころからAKB48に憧れ、4年間オーディションを受け続け、落ち続けた。2011年、AKB48の13期生オーディションは書類審査で落選。翌12年の14期生オーディションにも落ち、13年には15期生オーディションで仮研究生になったものの、セレクション審査で研究生になれず。

 14年にはチーム8の埼玉県オーディションに落選。同年9月にバイトAKBには合格したものの、半年足らずの15年2月で契約が満了。同年5月の『第2回AKB48グループドラフト会議』でNGT48に2巡目指名され、ようやく念願のAKB48グループの一員となった。過去の順位は、第8回から95位→5位。

◇荻野由佳コメント

「私は去年は総選挙で第5位という順位をいただきました。順位と私自身の結果が伴ってないんじゃないかという声をたくさん聞こえたりして、やっぱり私はまだまだ新人の方だったので仕方ないなと自分でもわかっていました」。

「5位をいただいたから、あっすごいって思ってもらいたいなってと思いました。5位をいただいてから、選抜に選んでいただいたり、事務所を移籍させていただいたり、センターを任せていただいたり、いろんなチャンスをいただきました。先輩たちにかなわなくて、私は100点のことはできなかったかもしれません」。

「でも、この1年間は100%で毎日取り組んできたつもりです。私にとって1番になれることはなんにもありませんでした。王道のアイドルでもないし、ザリガニ釣りばっかりやっていたから。握手会や劇場公演を通して、ファンのみなさんとの距離は一番だと胸を張って言えるようになりました」。

「お父さんとお母さんに迷惑をかけてきました。それでも、こうして4位という大きすぎる順位をいただきました。私にとってすごく夢のようです。今、震えが止まらないです。また荻野かと思われてしまうかもしれません。それでもいいです。私は全盛期のAKB48と言われていたあの時代を……恐縮ですが私が作っていきたいと思いました」。

「まだまだ未熟者です。先輩に比べたら秀でているところもありません。それでも、みなさんからいただいた票という、愛という種にいっぱい汗をかいて大きな花を咲かせて、いつかやっぱりAKB48グループ最高だねって言ってもらえるようにグループにしたいと頑張ろうと思いましたー」。

「北原里英さんが卒業されました。里英さんにも安心してもらいたいです。里英さんの後を継ぐという意味でも、私もNGT48に必要不可欠な存在になりたいです。うわー(嗚咽)。(センター曲の一節を熱唱)AKB48グループのために頑張らせてください。順位に見合う女になれるように頑張ります。応援の方、よろしくお願いします。今のNGT48は最強です、任せてください」。

有吉弘行(C)ORICON NewS inc.

2018/06/16 20:47

有吉弘行、初の『竜兵会総選挙』を発表 ダチョウ上島が神7入り  お笑いタレントの有吉弘行が16日、自身のツイッターで唐突に『竜兵会総選挙』の開票結果を発表。「竜兵会総選挙。上島竜兵は7位でした。「素敵な順位をありがとうございます」と満面の笑顔でした。。。」と報告した。

 2011年より毎年『AKB48選抜総選挙』の同時期に有吉が独断と偏見で発表してきた『太田プロ総選挙』だが、第7回目を迎えるはずだった昨年は「出場者がみんなインフルエンザということで中止です」と初めて開催を見送った。

 2年ぶりの開催が期待されていた今年は、所属事務所の太田プロダクションではなく、上島を慕う芸人らによる飲み会メンバーで構成される『竜兵会』を対象に開催。その“象徴”でもある上島だけに、神7にランクインすることで面目を保った。

 布石はあった。5月27日に放送されたフジテレビ系『ボクらの時代』(毎週日曜 前7:00)には上島とダチョウ倶楽部の盟友・肥後克広、土田晃之が出演し、竜兵会にも言及。さらに有吉自身もツイッターで上島の写真を2日連続で掲載する“異例”投稿となっていた。

 11日には、今年4月のプロ野球DeNA本拠地開幕第3戦で始球式に登板した上島の野球カードをとりあげ「打たれた後の表情完璧」と絶賛。さらに翌日は「パワハラとは無関係。もちろんセクハラもゼロ。加齢臭はあるけど許容範囲。なんなら後輩が威圧的。奇跡的に良い上司で良かった。。。」と上島との2ショットを掲載していた。

 なお、午後8時35分現在で上島より上位6名は未発表。8位以下には23位にカンニング竹山隆範、75位に肥後がランクインしたことが報告されている。劇団ひとりら強力メンバーも多数所属しており、開票結果が待たれる。

5位にランクインしたAKB48・岡田奈々(C)AKS

2018/06/16 20:43

【第10回AKB総選挙】AKB48岡田奈々が5位 初“神7”入り「自分自身、強くなれた」  ■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 AKB48/STU48のキャプテン岡田奈々(20)が7万5067票を獲得し5位にランクイン。第5回から圏外→51位→29位→14位→9位、そして今年も確実に順位をアップさせ、初の“神7”入りを果たした。

 トロフィーを受け取った岡田は「投票してくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。私はこの総選挙シングルの一つ前のシングルで初めてセンターを務めました。今まで自分が信じて歩んできた道は決して間違っていなかったと証明できた気がして、ほんの少し自信を持つことができました」とファンに感謝。

 「今回の総選挙で第1位を目指すことが出来たのも、センターの経験で得た自信と、約6年間で築いてきたファンの方との信頼関係のおかげです。本当にこの一年で自分自身、強くなれた。今回の総選挙、客観的に見たときにAKB48のシングルを決める総選挙で、AKBのメンバーがトップで争えなくて悔しく思いました」。

 「やはり姉妹グループの皆さんに頼ってしまうことばかりで、それは自分の力不足だと感じています。だからこれからのAKB48を守っていくため、STU48を引っ張っていくため、自分に何ができるのか考えてきました。そしてきょうこの第5位という過去最高の順位を頂いて、改めてわかったことがあります」と話すと「私にできることは今あるAKB人生を全力で生き抜くことです」と力を込めた。

 最後は「AKB48のため、STU48のため応援してくださるファンの皆さまのため、自分自身のため、今を全力で生きたその先が48グループの先につながると信じて、その先へ走り続けます。48グループオタクの皆さん、一つ言わせてください。自信を持って、オタク人生を貫いてください。そして最後に私は未熟者ですが、来年も総選挙が開催されるのであれば、AKBが1位を奪い取ります」と宣言した。

自己最高6位で2年連続“神7” AKB48・横山由依 撮影:estudio pepe 神田有希(C)oricon ME inc.

2018/06/16 20:36

【第10回AKB総選挙】AKB48総監督・横山由依、自己最高6位で2年連続“神7” 壇上で感動の涙… ■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 AKB48チームAでグループ総監督の横山由依(25)が、6万7465票で自己最高の6位にランクイン。速報21位と出遅れたが、昨年に引き続き“神7”に選ばれた。

 名前を呼ばれた瞬間に涙を浮かべると、会場からの大きな拍手が起こった。スピーチでは「AKB48は勢いがないと言われてしまうことが最近あって、そのときに私たちの世代の頑張りが足りないせいで、先輩たちが作ってくれたグループをそんな風に思わせてしまうのが申し訳なくて、悔しい気持ちでいっぱいだった」と率直な気持ちを吐露した。

 それでも、会場に集まったファンに向けて「私たちメンバー全員の誇りです」と感謝。メンバーへの愛情も口にし「総監督として東京ドームのステージを目指して、頑張っていきたいなと思います。頼もしい後輩もたくさんいるので、先輩たちに教わったことをみんなに伝えていきながら、ファンのみなさんと楽しい時間を過ごしていけたらなと思います」と思いを伝えた。

 前総監督の高橋みなみからその座を引き継いで3年目。今年1月にはソロコンサートを開催、4月からはドラマ『はんなりギロリの頼子さん』で初の連ドラ主演に抜てき、バラエティー番組のMCにも抜てきされるなどソロ活動も充実してきた。

 それでも、グループへの思いは誰よりも強く、自身の行動でメンバーを牽引してきた。今の夢は、AKB48としてもう一度東京ドームのステージに立つこと。以前のドームライブは先輩に連れて行ってもらったという思いがある。だから、今度は自分が中心になって後輩をドームに連れていきたい。それに向けて、総監督は名古屋の地から歩みを始める。

◆横山由依(よこやま・ゆい)1992年12月8日生まれ、京都府出身。愛称は「ゆいはん」。AKB48の9期生としてデビュー。過去の総選挙は第2回から圏外→19位→15位→13位→13位→10位→11位→7位。

7位にランクインしたAKB48・武藤十夢 撮影:estudio pepe 神田有希(C)oricon ME inc.

2018/06/16 20:32

【第10回AKB総選挙】武藤十夢が7位 2年ぶり立候補で初“神7”入り ■『第10回AKB世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 昨年の辞退から2年ぶりの立候補となったAKB48・武藤十夢(23)が6万2611票を獲得し、7位(速報18位)にランクイン。見事、選抜に返り咲き、初の“神7”入りを果たした。

 「2年ぶりに戻ってきましたー!」と元気な声を届けた武藤。「昨年は一度は立候補したものの辞退して、ご心配をおかけしました。一昨年は10位にランクインしたけど、選抜常連になることは難しくて、このままここにいていいのかと悩んだこともありました。でも7位という私には十分すぎる順位を頂けて『アイドルを続けていいんだよ』と、背中を推してもらえた気がしました」と語った。

 「いつも応援してくださってる皆さんがいて、本当に幸せです。私はAKB48が大好きです、ネットやSNSが発達している今でも、AKB48はファンの方と直接話すことができます。違った特別な絆、関係を築くことができるすてきなグループだと思います。そんなグループの一員でいられて幸せだと思います」と改めてグループの魅力を力説。

 また、「アイドルってAKBに限らず、若い子が中心にいあるイメージがある。でもすてきな順位をくれて、もっともっと私のような年長のメンバーが輝くことができる、活躍できる場があってもいいと思う。まだまだバリバリ頑張らせてください。今年一年は、選抜にも入れず、CDに声が入らなかった。メンバー、スタッフ、応援してくれるすべての人が幸せになれるよう全力を尽くしていきたい。本当にありがとうございました」と、今後もグループで活躍することを誓った。

◆武藤十夢(むとう・とむ)1994年11月25日生まれ、東京都出身。2011年、AKB48に12期研究生として加入し、翌12年の『第4回総選挙』に初出馬。無名の研究生にしていきなり49位に食い込み、フューチャーガールズのセンターを務めたことで一躍名を上げた。昨年はいったん立候補した後に取り下げており、今回2年ぶりの選抜返り咲きが期待されていた。過去順位は第3回から不参加→49位→45位→24位→16位→10位→不参加。

指原莉乃(C)ORICON NewS inc.

2018/06/16 20:30

【第10回AKB総選挙】指原莉乃、なこみく躍進に感極まる「最高の気持ち」 ■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 HKT48指原莉乃はフジテレビ系で生中継されている副音声に登場。「直属の弟子」という田中美久(第10位)、矢吹奈子(第9位)の連続ランクインに、ワイプで目をうるませながら「最高の気持ち」と歓喜した。

 先にランクインした田中の名前が呼ばれると「あ〜よかったねすごいよ! みくりん! がんばりやさん!」と小さく拍手。「とにかくがんばりやさんでファンへの気持ちが強くてSNSとかも気を抜かずに頑張ってる。ちょっと真剣に聞きたい」と背筋を正してスピーチに聞き入ると「これは泣きそうになっちゃう」と目頭を抑えた。

 続く、矢吹の躍進にも「ちゃんとしゃべってね。奈子、奈子…」と連呼し、スピーチにうなづきながら「かわいい、かわいい…」と感極まった。矢吹が母親へのメッセージを送れば「私に言われてるみたい」とすっかり母親気分だった。

SKE48・大場美奈(C)AKS

2018/06/16 20:23

【第10回AKB総選挙】大場美奈、自己最高8位で初の選抜入り 昨年26位から大躍進に涙 ■『第10回AKB世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 速報31位でスタートしたSKE48・大場美奈(26)が5万3998票を獲得し、8位にランクイン(速報31位)。目標の7位には届かなかったが、昨年26位から大躍進し9回目にして初の選抜入りを果たした。

 名前が呼ばれると思わず感動で涙をぬぐった。「私は本当に普通の人で、特に絶世の美女でもないし、イジったらおもしろいという顔でもないし、本当に中間でなんとなく中途半端な人なんですけど、そんな私がすてきなステージ立てているのは48グループに入ったからで、そこですべてに真摯に頑張ってきたら、こんな風にすてきな場所に立つことができました」と9年におよぶ戦いを振り返った。

 また、「人の本気を笑わない、これは去年の総選挙のスピーチで私が言った言葉で、これを今年1年も掲げて頑張ってきて、きょう、私のまた新しい夢をかなえることができました。これはファンのみなさんと一緒にかなえた夢です。48グループは努力をすれば必ず夢をかなえられます。私はそう教えてもらいました」と充実の表情。

 これからの夢についてもかたり、「次は、テレビを見ているみなさんに私を覚えてもらうことに頑張ることが夢です。SKE48のファンのみなさん、ぜひ見守っていてください」と呼びかけた。最後は「今とっても幸せです。後輩たちに言いたいです。本当にあきらめなきゃここまでこれます。いっぱい失敗もしてきたんですけど、48グループはなんでもありのアイドルを認めるところなので、自分のファンを信じることですね」と力強く呼びかけていた。

◆大場美奈(おおば・みな)1992年4月3日生まれ、神奈川県出身。AKB48に9期生として加入後、13年4月にSKE48・チームKII兼任となり、同年7月、SKE48のシングル「美しい稲妻」で初選抜入り。同年12月、AKB48のシングル「鈴懸の木の道で〜」でAKB48初選抜入りを果たした。翌14年2月にSKE48への完全移籍が発表された。過去の順位は第2回から圏外→35位→57位→48位(兼任発表後)→56位(完全移籍後)→27位→22位→26位。

自己最高の9位にランクインしたHKT48・矢吹奈子 撮影:estudio pepe 神田有希(C)oricon ME inc.

2018/06/16 20:19

【第10回AKB総選挙】HKT48矢吹奈子、自己最高の9位 “なこみく”そろって悲願の初選抜 ■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 HKT48チームHの矢吹奈子(16)が、5万1620票で9位にランクイン。昨年の37位から大きく飛躍し、悲願の初選抜入りを果たした。HKT48の新曲でWセンターを務めた“なこみく”コンビの田中美久(16)が10位で、2人そろって選抜入り。

 アイドルになったきっかけは、昨年に3連覇の偉業を達成した指原莉乃だった。握手会に行ったところ「かわいいからAKB48のオーディションを受けなよ」と何度も勧誘され、HKT48に移籍した指原を追って3期生オーディションを受けて合格。東京から福岡に引っ越して、アイドルの道を歩み始めた。

 これまでを振り返り「5年前にHKTに入って、東京から福岡に引っ越して、家族をバラバラにして、それなのに恩返しができずにいた。だけど、これからは選抜として胸を張って、家族にも恩返しをしていきたいと思います」と宣言した。

 2016年の総選挙では28位で初ランクイン。昨年はさらなる上位が期待されたが、37位とまさかのランクダウンだった。「自分はまだまだなんだと痛感しました。その後のシングルやカップリング曲のポジションも下がり、他のHKT48メンバーが私の目標だったAKB48の選抜に選ばれていく…。正直ものすごく焦りました」(『総選挙ガイドブック』より)。

 しかし、今春になり状況が一変。HKT48の11thシングル「早送りカレンダー」(5月発売)で田中美久とともにWセンターに抜てきされ、AKB48の最新シングル「Teacher Teacher」では念願の初選抜入り。その勢いのまま総選挙に挑み、目標であった選抜入りも達成。指原不在でグループとしての存在感が危ぶまれたHKT48を全国にアピールしてみせた。

◆矢吹奈子(やぶき・なこ)2001年6月18日生まれ、東京都出身。愛称は「なこ」。HKT48の3期生としてデビュー。過去の総選挙は第6回から圏外→圏外→28位→37位。