NEWS

ニュース

ニュース一覧

欅坂46の米谷奈々未(後列右から3人目)が卒業を発表

2018/09/23 00:06

欅坂46米谷奈々未、年内卒業で学業専念「新たな道を探す」  アイドルグループ・欅坂46の米谷奈々未(18)が、年内をもってグループから卒業することが22日、公式サイトで発表された。

 欅坂46運営委員会は公式サイトで「欅坂46のメンバーとして活動しております米谷奈々未ですが、7thシングル『アンビバレント』の活動をもってグループから卒業することになりました」と報告。卒業の時期に関しましては、具体的な日程が決まりましたら改めてご案内いたします」としている。

 米谷も自身のブログで「みなさんにお伝えしたいことがあります。年内で欅坂46を卒業し、7枚目のシングルを最後に学業に専念します。急なご報告となってしまいすみません」とお詫びをまじえて報告。

 卒業を決めた理由については、2015年8月、高校1年生で加入してから3年が経ち、「大学に入って、落ち着いて自分のことを考える余裕ができて。将来なにがしたいかな。そのためには今私がどうしたらいいのかな。と考えた時、学業に専念し、新たな道を探すという決断に至りました」と明かした。

 続けて「私はもうみなさんとは会えないけれど、これからも欅坂46を応援していただけると嬉しいです。こんな私でごめんなさい。今までありがとうございました」とファンにあいさつ。予定されている握手会には参加する。

 同グループでは今泉佑唯(19)も7枚目シングルの活動を最後に卒業することを発表している。

惜しくも優勝を逃したチョコレートプラネット(左から)長田庄平、松尾駿

2018/09/22 22:27

チョコプラ、初栄冠は「まぼろし〜」 またも『KOC』優勝逃す  “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで行われ、ハナコが11代目キングに輝いた。1stステージ首位通過で“王手”をかけていたチョコレートプラネットは、逆転優勝を許し、涙をのむ形となった。

 2014年の同大会で準優勝。リベンジを誓い臨んだ今回は、ブレーク中のIKKO(松尾駿)、和泉元彌(長田庄平)物まねを“封印”した。コント師として盤石の強さを発揮していたが、最終順位は3位。つかみかけていた栄冠を逃した松尾は、IKKOネタを解禁し「(優勝は)まぼろし〜」と、悲しく叫んだ。

 審査員のバナナマン・設楽統は「チョコプラは『跳ねろ!』と思いながら見ていました。(優勝に)指がかかった状態だったけど…」と惜しみながら「ハナコがすごい。もっともっとコントが見たい」と新王者を称賛。ダウンタウン松本人志も「ちょっと、チョコプラは小道具に頼りすぎたかな」と、渋い表情で評価した。

 見事に1stステージ3位から逆転優勝を決めたハナコは、14年結成の菊田竜大、秋山寛貴、岡部大からなるトリオ。チャンピオンとして名前を呼ばれると「うわ〜! すご〜い!」「マジで!?」と興奮気味に喜びを爆発させた。

 今大会は、史上初となるファイナリスト10組を決勝当日の生放送で随時発表。総エントリー2490組から、やさしいズ、マヂカルラブリー、ハナコ、さらば青春の光、だーりんず、チョコレートプラネット、GAG、わらふぢなるお、ロビンフット、ザ・ギースが決勝進出を決めた。

 大会初の女性MCとして女優の葵わかなを抜てきし、ダウンタウンの浜田雅功との2人体制で進行し、審査員の松本、さまぁ〜ず、バナナマンが、1人100点の500点満点で採点。上位3組のチョコレートプラネット、わらふぢなるお、ハナコがファイナルステージに進み、審査員5人が出す合計点の高さで優勝を争った。優勝賞金1000万円。

 同大会は2008年から毎年行われ、今年で11回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌコロコロチキチキペッパーズライスかまいたちが名を連ねている。

■『キングオブコント2018』ファイナルステージ順位
1位 ハナコ 936点(1st:464点 ファイナル:472点)
2位 わらふぢなるお 922点(1st:468点 ファイナル:454点)
3位 チョコレートプラネット 918点(1st:478点 ファイナル:440点)

“コント芸日本一”に輝いたハナコ(左から)菊田竜大、秋山寛貴、岡部大 (C)ORICON NewS inc.

2018/09/22 21:48

ハナコが『KOC』11代目王者に ファイナル3位から逆転優勝  “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで行われ、トリオ結成4年目のハナコが11代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得した。

 2014年に結成し、『ワタナベお笑いNo.1決定戦2018』『お笑いハーベスト大賞2018』の優勝経験を持つハナコは、菊田竜大(31)、秋山寛貴(27)、岡部大(29)の3人組。1stステージは3位の464点だったが、ファイナルステージは472点と巻き返し、トータル936点。一方、1stステージ1位のチョコレートプラネットは、ファイナルステージで440点と振るわず、トータル918点で3位に沈み、ハナコが逆転でコント日本一の座に就いた。

 1stステージ1位のチョコレートプラネットに競り勝ち、チャンピオンとして名前を呼ばれると、3人は驚きを隠せなかった。「うわ〜! すご〜い!」「マジで!?」と興奮気味に喜びを爆発させると「出番が少ない」とイジられていた菊田が「あの…、泣きそうなんですけど…」と感涙。すかさず秋山が「最初にお前が泣くな!」とツッコミを入れ、王者としての“初笑い”をさらった。

 今大会は、史上初となるファイナリスト10組を決勝当日の生放送で随時発表。総エントリー2490組から、やさしいズ、マヂカルラブリー、ハナコ、さらば青春の光、だーりんず、チョコレートプラネット、GAG、わらふぢなるお、ロビンフット、ザ・ギースが決勝進出を決めた。

 大会初の女性MCとして女優の葵わかなを抜てきし、ダウンタウン浜田雅功との2人体制で進行し、審査員の松本人志、さまぁ〜ず、バナナマンが、1人100点の500点満点で採点。上位3組のチョコレートプラネット、わらふぢなるお、ハナコがファイナルステージに進み、審査員5人が出す合計点の高さで優勝を争った。

 同大会は2008年から毎年行われ、今年で11回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたちが名を連ねている。

■『キングオブコント2018』ファイナルステージ順位
1位 ハナコ 936点(1st:464点 ファイナル:472点)
2位 わらふぢなるお 922点(1st:468点 ファイナル:454点)
3位 チョコレートプラネット 918点(1st:478点 ファイナル:440点)

SHINeeのテミンが初のソロツアーをスタート Photo by Takeshi Yao

2018/09/22 21:08

SHINeeテミン、初ソロツアー開幕 アリーナ6公演追加&新曲配信決定  SHINeeのテミンが21日、神奈川・よこすか芸術劇場でソロ初の全国ツアー『TAEMIN Japan 1st TOUR 〜SIRIUS〜』をスタートさせた。

 浮遊感のある演出で登場し、圧倒的なスケール感の「DOOR」で幕を開けると、昨年デジタル配信した「What’s This Feeling」、「ECLIPSE」を含む新曲6曲の計7曲を初披露。妖艶でキレのあるダンスで魅了し、代表曲「Danger」「TIGER」などでもファンを熱狂させた。

 アンコールのMCでは、追加公演を自ら発表。11月9〜11日に兵庫・ワールド記念ホール、11月24〜26日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナの計6公演が追加された。ホールツアーのチケットは即完売だったため、ファンにとってはうれしいサプライズとなった。

 9月26日午前0時からは新曲「ECLIPSE」のデジタル配信も決定した。

『キングオブコント(KOC)2018』ファイナルステージ進出3組決定 暫定トップはチョコレートプラネット

2018/09/22 21:05

『キングオブコント2018』チョコプラ、わらふぢ、ハナコがファイナルステージ進出  “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで開催。11年目を迎える『KOC』は、大会初の女性MCとして女優の葵わかなを抜てきし、ダウンタウン浜田雅功との2人体制で進行を担当する。また、初の試みとして、準決勝進出32組の中から選ばれたファイナリスト10組が生放送中に随時発表された。登場順は下記の通り。

■『キングオブコント(KOC)2018』ファイナリスト(登場順)
・やさしいズ(8年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・マヂカルラブリー(12年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・ハナコ(4年目/ワタナベエンターテインメント)
さらば青春の光(11年目/ザ・森東)
・だーりんず(8年目/SMA NEET Project)
チョコレートプラネット(13年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・GAG(13年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・わらふぢなるお(9年目/グレープカンパニー)
・ロビンフット(19年目/SMA NEET Project)
・ザ・ギース(15年目/ASH&Dコーポレーション)

 今回の総エントリー数は2490組。1stステージでは、478点を獲得したチョコレートプラネット、468点を獲得したわらふぢなるお、464点を獲得したハナコがファイナルステージへの進出を決めた。

Perfume

2018/09/22 20:39

Perfume、11年ぶり年越しライブ決定 横アリ3days追加&アジア・北米ツアーも  メジャーデビュー13周年を迎えた21日に全国アリーナツアー『Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」』をスタートさせたPerfumeが、12月28・29・31日の3日間、横浜アリーナで追加公演を行うことが22日、発表された。大みそかにカウントダウンライブを行うのは2007年以来11年ぶりとなる。

 大みそかのカウントダウンライブはファンクラブ「P.T.A.」会員限定。本ツアーは追加公演を含め、9ヶ所21公演となった。

 あわせて、2019年早春からアジア・北米ツアーをスタートすることも発表された。アジアツアーは2014年の『Perfume WORLD TOUR 3rd』以来約4年半ぶり。北米ツアーは『Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」』以来約2年半ぶりとなる。アジア・北米ツアーの詳細は後日発表される。

■Perfume全国アリーナツアー日程
9月21日(金):長野・長野市多目的スポーツアリーナ ビッグハット
9月22日(土):長野・長野市多目的スポーツアリーナ ビッグハット
9月29日(土):大阪・大阪城ホール
9月30日(日):大阪・大阪城ホール
10月6日(土):青森・盛運輸アリーナ(青森県営スケート場)
10月7日(日):青森・盛運輸アリーナ(青森県営スケート場)
10月13日(土):静岡・静岡エコパアリーナ
10月14日(日):静岡・静岡エコパアリーナ
10月24日(水):徳島・アスティとくしま
10月25日(木):徳島・アスティとくしま
11月3日(土・祝):北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11月4日(日):北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11月19日(月):愛知・日本ガイシホール
11月20日(火):愛知・日本ガイシホール
12月11日(火):神奈川・横浜アリーナ
12月12日(水):神奈川・横浜アリーナ
12月23日(日・祝):福岡・マリンメッセ福岡
12月24日(月・振):福岡・マリンメッセ福岡
12月28日(金):神奈川・横浜アリーナ(★追加公演)
12月29日(土):神奈川・横浜アリーナ(★追加公演)
12月31日(月):神奈川・横浜アリーナ(★追加公演)

日村勇紀(C)ORICON NewS inc.

2018/09/22 19:24

日村勇紀、『KOC』生放送で冷や汗 ダウンタウン「今年は違う緊張感」  お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が22日、TBS系『キングオブコント2018』(後6:55)に審査員として生出演した。

 今大会は2490組がエントリー。決勝進出10組が当日の生放送中に随時発表されていくとあり、審査委員長のダウンタウン松本人志は「なんかすごい変な緊張感が…」と現場の空気感を語りつつ「特に今年は違う緊張感があるのは、もしかしたら日村さんがいるからかもしれません」とニヤリ。すかさずイスから立ち上がった日村は「本当に皆さん、お騒がせして申し訳ありません」と頭を下げた。

 MCのダウンタウン・浜田雅功からも「しっかり採点してくださいよ!」と釘をさされると、「もちろんです。一生懸命頑張ります!」と冷や汗をかきながら姿勢を正していた。

 21日発売の写真週刊誌『FRIDAY』では、日村が16年前、16歳の少女と淫行した疑惑を報道。これを受け、21日深夜放送のTBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンゴールド』に生出演した日村は、相方の設楽統から「今週はいろいろとありましたね」と促され「みなさまお騒がせして、申し訳ございません」と謝罪していた。

『キングオブコント(KOC)2018』ファイナリスト生発表 1組目はやさしいズ

2018/09/22 19:07

『キングオブコント2018』ファイナリスト10組出そろう  “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで開催。11年目を迎える『KOC』は、大会初の女性MCとして女優の葵わかなを抜てきし、ダウンタウン浜田雅功との2人体制で進行を担当する。また、初の試みとして、準決勝進出32組の中から選ばれたファイナリスト10組が生放送中に随時発表された。登場順は下記の通り。

■『キングオブコント(KOC)2018』ファイナリスト(登場順)
・やさしいズ(8年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・マヂカルラブリー(12年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・ハナコ(4年目/ワタナベエンターテインメント)
さらば青春の光(11年目/ザ・森東)
・だーりんず(8年目/SMA NEET Project)
チョコレートプラネット(13年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・GAG(13年目/よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・わらふぢなるお(9年目/グレープカンパニー)
・ロビンフット(19年目/SMA NEET Project)
・ザ・ギース(15年目/ASH&Dコーポレーション)

 今回の総エントリー数は2490組。1stステージでは、478点を獲得したチョコレートプラネット、468点を獲得したわらふぢなるおがファイナルステージへの進出を決めている。

ロングの黒髪をバッサリ切ってイメチェンしたmiwa

2018/09/22 18:44

miwa、イメチェン短髪ビジュアル公開 ツアー&サブスク配信スタート  シンガー・ソングライターのmiwaが、トレードマークの黒髪ロングヘアをバッサリと切ってから初となるショートヘアの新ビジュアルを公開した。

 新ビジュアルは、初タッグとなるフォトグラファー・笹原清明氏が撮影。従来のイメージを一新し、アコースティックギターを抱えた白いシャツ姿のmiwaが、まるで少年かのように新鮮に映る写真となっている。

 自身初のベストアルバム『miwa THE BEST』を引っさげ、きょう22日の東京・オリンパスホール八王子公演を皮切りに自身最大規模のツアー『miwa concert tour 2018-2019 “miwa THE BEST”』をスタート。来年3月16日の東京・日本武道館公演まで21都市で30公演が行われる。

 ツアー開始とあわせて、これまでに発表した全シングル&アルバムを各サブスクリプションサービスに配信することもあわせて発表された。23日にはテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:10)のアコースティックギター特集回に出演し、斉藤和義の名曲「歌うたいのバラッド」をセッションで披露。ショートヘアでは初のテレビ出演となる。

『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡(みちあと)』発表会の模様

2018/09/22 18:10

梅原裕一郎、ゲーム『甲鉄城のカバネリ』を絶賛「世界観が反映されている」  声優の小松昌平、黒沢ともよ梅原裕一郎、千本木彩花が22日、千葉・幕張メッセで開催中の『東京ゲームショウ2018』の「DMM GAMESブース」に登場した。

 2016年に放送されたアニメ『甲鉄城のカバネリ』の正統後継作となるPC・スマートフォン用ゲーム『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡(みちあと)』。今秋リリース予定で、きょう22日から事前登録開始。会見では、オープニング映像、ゲームシステムが紹介された。

 「収録の段階ではどう動くのかわからない状態だった」と明かした梅原は、ほぼ完成状態の映像に「ものすごく世界観が反映されていて、収録を思い出して懐かしい気分になりました。ボリュームのある台本だったので皆さんも楽しめると思います」と絶賛。千本木も「めっちゃ力が入ってる!」と、クオリティーの高さに目を丸くした。

 イベントでは、劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 〜海門決戦〜』が、2019年春に公開されることが発表された。前売り特典付きムビチケカードは、10月20日から発売。

 うれしいサプライズにファンが大きく沸くと、小松は「僕らのキャラクターがこうして誕生することができたのもファンの方が作品を応援してくれたからです」と感謝し「これからも“カバネリワールド”が広がっていくと思うので、そういう機会をいただけるためにも(ゲームの)事前登録をよろしくお願いします!」と呼びかけていた。

人気急上昇特集ページ

最新アルバム『DINOSAUR』を体現した “LIVE DINOSAUR” ツアー、待望のリリース!