「鷲崎健のロレンチーニ便」第37回

鷲崎健のロレンチーニ便

第37回(2020/06/10)


■テーマ「読む」


 読むとは決して読書の事だけをさす言葉ではない。天気を読む、芝目を読む、等という言葉から察するに読むとはつまりアンダースタンドする事である。もしそうであるなら今まで決して多くの書物を読んだとは言えないのではないだろうか。



 思えば星新一から、というありがちなスタートであった。中学に上がった兄が「面白い話が教科書に載っていた」といって読んで聞かせてくれたのだ。自分が中学に上がったときには国語の教科書にはすでに載っていなかった。どれくらいのスパンで変わるんでしょうねあれ。

 教科書に星新一を載せる、というのは当時の教育関係者としてはかなり革新的な試みだったと思うのだがどうだろう。読みやすさと面白さで判断するならば漫画と同じかそれ以上であって、まあだからこそ読書発展途上の少年少女に読ませる意味も意義もあるのだが。

 今でも同じように我々大人がびっくりするような読み物が教科書に載っていたりするのかな。中原昌也とか。想像するとワクワクする。


 そんなわけで始まった読書人生。拙著『為すも為さぬもないのだが』に詳しく書いてあるが、星新一から始まり眉村卓を通過し筒井康隆へと至る。おそらく多くの読書少年たちと同じルートを辿ったのではあるまいか。
 まず星新一、そこからショートショート沼に入りSFの洗礼を受けスラップスティックに目覚める→中学入学。ここからは周りの人間や時代の流行なんかの影響が大きいでしょうね。


 思い出してみるとまず太宰。これはなんか読まないといけないような無視して通れないような匂いをプンプンさせていた。
 まわりに本好きが少なかった(いたんだろうけど)ので、自分自身に「読書好き」というキャラクターを過剰に載せていたのも確かだ。いや、本当に好きだったんだけど。でも自分の本好きを周りにアピールしようとしていた事は否めない。

 そんな「読書家」の自分に”太宰を読まない”という選択肢は無かったのだ。もちろん…

 こちらのコラムは有料会員向けサービスです。月額¥500以上の有料コースに入会すると(もしくは入会済みの複数の有料コースの合計金額が¥500以上で)記事の続きをお読みいただます。また、付与されたポイントを使用して音楽をダウンロードしたり、電子書籍を購入することができます。(※各記事の閲覧でポイントが使用されることはございません。)

ご利用には 
 もしくは 
 が必要です。


新着記事 

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/07/22 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第40回 「ため息をつくと幸せが逃げていくよ」などと昔から言いますね。あれなんなんだろう。 確かに”私今疲れてますよ”という他者に対する何らかの表現、「どうしたの?」「大丈夫?」と聞かれたいだけのリアクション待ちのアクションであるとすれば面倒くさいなと思わざるを得ない。...

次回更新は2020/08/12(水)予定

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/07/08 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第39回  今回かなりとりとめの無い話しをしているのでご覚悟を。では。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』やってましたねテレビで。好きだったなあ。例のチャックベリーのシーンとか。子供心に「良く出来てる!」と感動したものだ。...

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/06/24 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第38回  芸名というものを持っていない。とてもいい加減で出鱈目なかたちで芸能の世界に入ってしまったからだ。 声優さんのラジオでギターを弾いてくれと知り合いから頼まれ何度か弾きにいってるうちに仲間のように扱ってもらいイベントなんかにも...

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/06/10 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第37回  読むとは決して読書の事だけをさす言葉ではない。天気を読む、芝目を読む、等という言葉から察するに読むとはつまりアンダースタンドする事である。もしそうであるなら今まで決して多くの書物を読んだとは言えないのではないだろうか。...

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/05/27 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第36回  中国の大連から届いた20万枚のマスクに<春雨や 身をすり寄せて 一つ傘> の句が添えられていたというニュースを覚えてらっしゃる方も多いだろう。 漱石の句の中でもたいして有名ではないこの句を選んだのは今日における中国での漱石人気が関係しているのだろうか。なにせ『吾輩は猫である』だけでも二十八種類の翻訳が出ていると聞く。...

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/05/13 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第35回  みなさんそうだと思うが今回の件を受けて出来るだけ外出を控えている。仕事以外では軽い散歩をするくらい。 出来るだけ人通りの少ない路地を選んで散歩をするのが昔から好きだったので今回は今まで培った路地知識が随分役に立ってると言えよう。とは言うもののやはり不要不急であるという後ろめたさはついて回るので早めの帰宅。...

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/04/22 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第34回  ご時世的に家にいる時間が長いため、必然的に色々と本を読んだり楽器に触ったりする時間が増えてきている。 とはいえこの時間を有効に使って新しい何かを覚えよう!スキルを高めよう!みたいな...

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/04/08 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第33回  先日はじめて古事記を読んでみた。何故か?と問われるとちょっと回りくどいが理由というか経緯が存在する。...

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/03/25 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第32回  落語に興味を持ったのは実は結構歳をとってからだ。多分三十を過ぎてからだった様に記憶する。 なんとなく聞いてみたいなとは思っていたのだが絵画やクラシックなどと同様、若干の「教養」感が否めなかったため、触れるにはそれなりの お勉強 が必要なんじゃないかと思いそれが足かせになっていた。...

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2020/03/11 12:00

「鷲崎健のロレンチーニ便」第31回  『ワシザキスタイル・ヨシオカモード』という番組を秋からやっている。声優の吉岡茉祐さんとふたりで、ファッションやオシャレというものに目を向け自分たちなりに考えていこうという主旨の番組である。...

過去の記事 

第1回 

鷲崎健「鷲崎健のロレンチーニ便」

2018/12/12 12:00

【無料】「鷲崎健のロレンチーニ便」第1回  地元・神戸に「もっこすラーメン」というラーメン屋がありかれこれ三十年以上通っているだろうか。愛してると言っても過言ではない。...