【KatharSiS】オリコンミュージックストア限定の特典画像付で配信中!

【KatharSiS】購入者にはもれなく未公開デジタルフォト4枚プレゼント!
※デジタルフォトは、【KatharSiS】/【KatharSiS】instrument Ver./
   これら2曲入りのアルバム、の3点のうちいずれかをご購入いただきますと対象となります。

藤家和依のソロプロジェクトACT ONE AGEが、12月から3ヶ月連続でオリコンミュージックストア独占 3カ月連続配信シングルをリリースする。それに伴い3ヶ月連続インタビューを決行! 第1回目となる今回は、12月3日にリリースされた【KatharSiS】についてと、ACT ONE AGEを深く知ってもらう入り口となる、歌詞とサウンド面について藤家にじっくりと語ってもらうことにした。

インタビュー風景@

――今回は、オリコンミュージックストア独占 3カ月連続配信シングルリリースと絡めて、3作にちなんだ話をしていけたらと思ってます。「よろしくお願いします」
まず、ここで初めてACT ONE AGEを知ることになる人もいるかもしれないので、“ACT ONE AGEとは”というところから訊いていってもいい?

「ACT ONE AGEは、僕、藤家和依のソロなんですけど、バンドでもあるというか。例を上げて分かりやすく説明すると、西川貴教さんのソロプロジェクトT.M.RevolutionやyasuさんのAcid Black Cherryみたいな感じですね。歌詞も楽曲も編曲も自分でやっているんですけど、僕がACT ONE AGEを通して伝えていきたいこと、中でも1番大切に思っていることは、歌詞なんですよね。日本に生まれて、日本で育って、日本語という言語を使ってこれまでもいろんな想いを伝えてきたこともあるので、日本語の良さ、日本のカルチャー を伝えていきたいですね。サウンドももちろんなんですけど、“言葉”を大事にして、いろんな感情を伝えていけたらいいなと思っているんです」

――歌詞はどんなことを中心に書いているの?

「僕は17歳から芸能界という世界で生きてきて、人生の半分をそこで過ごしているんです。この世界でしか経験出来ないような経験もあったし、その経験を通してしか見えない景色や感情もたくさんあった。そこで生まれた反骨精神だったり、自分自身が経験してきたことを歌っていけたらいいなと思っていて。人間誰にだって生きてて嫌になったりすることはたくさんあると思うし。ACT ONE AGEを聴いてくれたら、“よし、頑張ろう”って、また前を向いてくれるような、そんな歌詞と曲を届けていきたいと思っているんです。辛いときに、前を向けないときに、背中を押せるような、そんな歌詞を書いていけたらなって。そんなときに、聴きたくなる曲がACT ONE AGEだったら嬉しいなって思うんです。ライヴとかも、そんなみんなが元気になれる場所だったらいいなって思っているんです。未来に対して前を向いて歩いていけるようなメッセージを、しっかりと届けられる場所であればいいなと。人間って、生まれてから死ぬまで、どれだけ愛されて、どれだけ愛していけるかだと思うんです。愛って、なかなか普段の生活だと恥ずかしくて言葉に出来なかったりすると思うんですけど、でも、歌詞やライヴを通して、精一杯愛を届けていけたらなって思っているんですよね。恥ずかしいものではなくて、本当に素晴しいものだと思うから」

ライブ風景@

――オリコンミュージックストア独占 3カ月連続配信シングルとして12月3日にリリースされた【KatharSiS】も、愛を感じる1曲だよね。でも、いままでよりも、より素直な言葉で書かれているのかな? とも思ったりもしたんだけど。そのあたりの変化はあったりするの?

「たしかに【KatharSiS】は、いままでのテイストとはちょっと違った感覚がありますね。いままでは、“1日1日を頑張って生きて、明日を後悔なく生きようぜ!”的なことを中心に書いてきたし、根本的なところはそこなんですけど、【KatharSiS】は、“明日死んでも後悔ない生き方をしよう”というところじゃなく、明日自分が死んでしまったら困るって思えるくらい大切な人が出来たときの想いを歌っているというか」

――それは自分の中の気持ちの変化的なところでもあったりするの?

「そうですね。根本的なところは変わってないんですけど、俺は守るものがあるから、絶対に死ぬわけにはいかないんだ! って思える方がカッコイイんじゃないかって思える自分もいるんです。いろんな経験をして、ちょっと一周したって感じなのかな(笑)」

――12月3日に行われたバースデーライヴで【KatharSiS】を歌う前のMCでも言葉にしていたけど、より素直になれたってことなのかな? どんな変化なんだろう?

「いままでは強くいたかったんですよね。常にみんなのお手本でいなくちゃいけないと思っていたというか。生き様をみせなくちゃって強がっていたというか。みんなが落ち込んだときに、俺のことを見たら、“頑張らなくちゃ!”って思えるような、そんな生き方しなくちゃいけないんだ、強く生きなくちゃいけないんだって思っていました。みんなが居てくれることで、自分も強くなれているところはあるんですけどね」

楽曲試聴・ダウンロード

【KatharSiS】/ACT ONE AGE

特典画像付で配信中!
★【KatharSiS】購入者にはもれなく未公開デジタルフォト4枚プレゼント!

※デジタルフォトは、【KatharSiS】/【KatharSiS】instrument Ver./これら2曲入りのアルバム、の3点のうちいずれかをご購入いただきますと対象となります。